FC2ブログ

閑話及第-267

閑話休題—トルコのインフレが進んでいてこれにアメリカの制裁が加わってトルコのリラという通貨価値が下がっています。3割も価値が下がってしまいました。トルコの経済それ自体は悪くないのですが日本と反対でインフレ目標5%を達成して実際には15%程度になっているようです。これは行き過ぎですね。
リラの価値が下がるとトルコに投資しているスペインやフランスといった欧州の国はさっさと売りに出して逃げます。外資が売りに出される信用は下がるためますますリラの価値は下がるのです。
 外国からの投資が多い新興国では外国から引っ張られて対外経済力が弱くなる体質があるのでしょう。
日本はというと国債は外国が買ってはいますが国内での債務が圧倒的に多いのです。したがって、これを
政府日銀が買い取ることで紙幣が市中にまわり通貨の調整ができます。しかも長期的に調達した資金を均等に返済しつつその利益を受ける世代に負債を分配できる利点があるのです。外国からの影響を受けにくい国債の友好的な活用ができていないところに問題あるのでしょう。赤字を補てんするために国債を出してPBをゼロにして国民の借金を減らそうとするのは間違った政策ではないかと思います。しかも、消費税の増税ではアクセルを踏みながらブレーキも踏むようなものです。トルコからここまで考えが広がりますね。
スポンサーサイト

閑話及第-266

閑話及第--財務省は以前大蔵省と言いました。国の財布を管理する官庁で予算を決めて執行する権利をもっています。財務省になりましたが内容は同じ利権は相変わらずあります。予算の決定件と執行権の両方があるのは問題ですね。これは外国のように分けるのがよろしいかと思います。歳入庁を作れとよく聞きますがその通りです。歳入と支出とを分けることで公平な予算になるとと思います。
財務省の解体と分割を奨励します。
何よりもプライマリーバランスへの考え方が変わると思います。歳入方策からみた支出と支出財政からみた歳入方策は別のものができますね。これらを合わせた方が質の高い現実的な財政制作が出てくると思います。
 歳入は資産と負債の増減を考えてキャッシュフロー構成が必要ですね。支出を管理する側では支出額を定めるところで歳入とのバランスを調整するのです。これが現実的な予算編成となると思います。ここで歳入と支出が合わなくても好いのです。国家財政は家庭の家計簿とは違う管理会計の世界
だからで

閑話及第-265

閑話及第—在日韓国金には「通名」という制度があります。これは日本で暮らしてゆくために日本名を名乗ることを許可する前提になっていて日本名を作れるのです。公的にこの通名での運転免許証や公式の書類を作成することができるのです。但し彼らは国籍が日本ではないため当然パスポートは大韓民国だったり北朝鮮だったりします。
 この制度は腑に落ちませんね。日本人の氏名は法的に厳格に規制されていて、一字一句、漢字の字体でさえちょっとでも違えば、それは偽名として犯罪として告発されるのが日本なのです。こうした日本の社会で韓国人であることを隠し、通名を使い、日本人のふりをして生活するということはバカにするなと思えばこそ容認できません。日本人の意識としては、通名=偽名=犯罪です。それは各自の氏名に伝統と誇りをもって名乗っているからです。これを勝手に犬の名前をつけるように使われるのは如何なものでしょうか。
 事実埼玉で5年前に通名を悪用した事件が発生しています。文という韓国野郎が短期間に通名登録を何度も換えて登録し新旧の通称を使い分けて160台のスマホとタブレットを古物商に転売して荒稼ぎしました。青山星心、清水泰斗を使い分けていました。通称の違う複数の身分証使い分け、売買を重ねていたのです。こんな在日を甘やかす制度は即刻廃止してほしいです。野党はいいませんね。在日系の議員がいるのではないですか。通名ではないですが通名とってから帰化してやつらとかマインドは日本人ではない人たちです。

閑話及第-264

閑話及第--長崎投下は広島に次ぐものでしたがアメリカ国内にも賛否両論があります。当時アメリカは7発の原爆を開発していて子を実験で使い。残りの2発が日本攻撃に使われたのです。爆撃の候補地は17か所ありました。京都や呉、鹿児島もありました。結局、何かの判断で広島と長崎になりました。
広島は軍事工場があって生産能力も高かったからですね。アメリカではこの広島への党かは戦争終結に必須の攻撃であったが長崎は不要ではなかったか、という議論はあります。
 広島と異なり投下の象徴とされる跡が少ないため印象も薄いのですが犠牲者は広島と同様苦しい生活が戦後何十年も続いているのです。幼くして亡くなったキッズも大勢いたのです。
 核廃絶の運動の方向性を正しく行うのなら、これからの世界に核保有を認めないのはもちろん
核を現在保有している国にも核の放棄を求めるべきではないでしょうか。辻褄が合わないですね、
それならば日本も積極的に参加するのがよいでしょうね。還暦ジジイはできると思っていませんが。


閑話及第-263

閑話及第--東京医大のバカ受験生の加点の制度が問題になっています。点数をいじったことで三浪生や女子受験生に不利に働く減点を行ったことと恋に勝てんしてことを同じ次元で批評していますが問題は本質的に違います。
バカに加点したのは旧来のごまかしであってはいけませんが伝統的に行われていますね。裏口入学という形でお金を積んで入学するのが普通でしたが、今回のように点数を改ざんするとはけしからんことですね。しかし、誤解を恐れずに言うといつでもある実態でしょうね。
 これに対して、女子学生や浪人生に手心を加えることは本質がことなります。これは学校の仕組みの根幹に関わることだからです。つまり、公表して実施するべき受験の枠組みだったからです。ことの良し悪しはとにかく隠してこのような措置をしたことが問題なのです。
 宝塚に男性がいけない、女子高や男子校に男子や女子がいけないのと同じで、そのように宣言しておくべきだったのです。「女性は医師になってもすぐ結婚して辞める、へき地にはいかない、深夜の勤務がしにくい等の現状があり、このような統計が当校では出ている。したがって、女子の入学者はこのように制限している。それを納得してくれる受験生は大歓迎です。」と言うべきだったのです。
プロフィール

Fukukama

Author:Fukukama
還暦を越えたジジイです。元気で働いています。隣の人に話しかけるようなsmall talkです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR