FC2ブログ

閑話及第-626

閑話及第一般国民にはわかりにくい「上級国民」ということばが世間をに琵琶しています。若い母子をひき殺してしまった老人が逮捕されないのは上級国民だったからとして言われています。政治家や事業家、専門職から官僚、皇族に至る知的な仕事を行う人たちの呼称とされています。芸能人も入るかもしれません。彼らは社会的に優遇されている人たちであり、それなりに社会への貢献度が高い人、高かった人たちと言われています、叙勲を受けた人もそう、新宿御苑の園遊会に呼ばれる人、また、グリーン車にいつも乗っている人たち、英語でいうジェットセットに当たる人たちです。よく考えてみると彼らが罪を犯した時に待遇が一般国民と異なるのであれば、もう一つの上級国民もどきが日本にはいます。それは在日アメリカ軍です。アメリカ兵は日米地位協定により日本の法律下での制約を受けません。これは怖いですね。彼らこそが実は上級国民扱いではないでしょうかね。敗戦がもらたした彼ら尾利得はそう簡単になくなることはないです。そして、景気が悪いと貧乏人は何気なくも簡単にお金を使える裕福な人たちに子劣等感を超えた感情をもち、その生活程度の差異を強く感じるのです。
その結果で人が死のうものなら、何十倍も償わせようとする気持ちが働きます。そして、これから上級国民に在留外国人が加わってくることです。日本でビジネスを成功させた中国人なとが合法的に日本に住んでも、彼らを排斥する行為はエスカレートすると思います。まだ、50年以上先の世代が体験することと思います。



スポンサーサイト

閑話及第-625

閑話及第--中国が海外からこれほど支援を受けつつ自力更生を語るのは、矛盾しているように聞こえますね。中国語での「自力更生」意味は曖昧で、「自らの努力による再生」を指す。アメリカが今、中国に対して様々な壁を築きつつあることは、中国に自力更生を追求させることになります。そして、そのことは全く異なる価値観やルールを持つ諸外国に中国は何の借りもなく、交渉などでも譲歩する必要はないという危険な発想に中国を追い込むことになることを意味します。                    欧米が中国とは距離を取った方がいい、と最近考え始めた背景には、自由主義社会は革新性や想像力の面で優位性があり、独裁国家より常に先を行けると信じてきたからです。しかし、その考えは古くて甘かったとの反省があるのです。中国が追い上げてくるに従い西側諸国は守りの姿勢に入りつつあるのです。                                                 また、中国の改革派が力を発揮することはないという政治的論調に説得力ある反論ができなくなりつつあることも影響しています。清朝時代に海外の勢力が初めて中国に接近し始めた頃から、中国とはかかわりながら関係を築いていくことが、
中国国内のリベラル派や改革派を後押しすることになると考えられてきたのです。これは西側の常識だったのです。例えば、19世紀のイギリスでは中国に市場を開放させるのにイギリス政府が武力を使ったことに多くの評論家が公然と非難を浴びせました。それは道徳的観点からというより、強硬手段に訴えれば中国がますます外国との関係を断つ方向に向かってしまうことを恐れたからだったのです。このころから異質性を関いていたのです。

...

閑話及第-624

閑話及第--近代になって中国を封じ込めて爆発した例は多いです。ソ連は1960年、中国を封じ込めようとしました。毛沢東が、核戦争が起きても社会主義者より帝国主義者の方が多く死亡するだろうから世界は破滅するが共産主義になると言い放ったそうです。この無頓着さに、フルシチョフ共産党第1書記が危機感を抱いたそうです 当時 ソ連から来ていた核兵器の専門家を含む技術顧問らは中国から撤退しました。ところがその時、中国に持ち込んだ核に関する書類を全て持ち帰ることができないため、全部シュレッダーにかけて中国から引き揚げのです。さすがの中国の技術者らは、その切れ端を集めてなんとか修復して、そこから手がかりを得て4年後、中国は核実験の成功にこぎ着けたのです。                                   この出来事が示す内容は何か。中国は脅威だから支援をやめるという判断は理にかなっています。今のアメリカのような態度です。。しかし、中国が他国の支援などなくとも自力で最先端技術の開発に成功している事実、結果、他国に頼る必要などなくなりようにできる事実です。つまり、支援を中止しなかった場合と比べて、世界がより安全になったとは必ずしも言えないでしょうね。今のアメリカでは、この中国人の本性をわからないです。トランプ米大統領が始めた貿易戦争がどうなろうと、アメリカは中国への強硬姿勢を強めています。輸出規制や関税障壁、対米投資審査の厳格化などにより重要技術の流出を阻もうとしています。アメリカは欧州や他地域の同盟国に圧力をかけて、ファーウェイなど中国企業を西側の市場から排除しています。アメリカ大学構内で中国政府の指示によるスパイ活動が後を絶たない疑いが深まる中、アメリカこここへ来て、習近平国家主
席は昨年、重要な技術を海外から得ることは保護主義の台頭で困難になったと認め、中国は「自力更生の道を歩まなければならないと取り巻くってからぬけぬけと宣言しました。中国とはこういう民族の集まりなのです。

閑話及第-623

閑話及第?一般国民にはわかりにくい「上級国民」ということばが世間をに琵琶しています。若い母子をひき殺してしまった老人が逮捕されないのは上級国民だったからとして言われています。政治家や事業家、専門職から官僚、皇族に至る知的な仕事を行う人たちの呼称とされています。芸能人も入るかもしれません。彼らは社会的に優遇されている人たちであり、それなりに社会への貢献度が高い人、高かった人たちと言われています、叙勲を受けた人もそう、新宿御苑の園遊会に呼ばれる人、また、グリーン車にいつも乗っている人たち、英語でいうジェットセットに当たる人たちです。よく考えてみると彼らが罪を犯した時に待遇が一般国民と異なるのであれば、もう一つの上級国民もどきが日本にはいます。それは在日アメリカ軍です。アメリカ兵は日米地位協定により日本の法律下での制約を受けません。これは怖いですね。彼らこそが実は上級国民扱いではないでしょうかね。敗戦がもらたした彼ら尾利得はそう簡単になくなることはないです。そして、景気が悪いと貧乏人は何気なくも簡単にお金を使える裕福な人たちに子劣等感を超えた感情をもち、その生活程度の差異を強く感じるのです。
その結果で人が死のうものなら、何十倍も償わせようとする気持ちが働きます。そして、これから上級国民に在留外国人が加わってくることです。日本でビジネスを成功させた中国人なとが合法的に日本に住んでも、彼らを排斥する行為はエスカレートすると思います。まだ、50年以上先の世代が体験することと思います。

閑話及第-622

閑話及第--アメリカと中国の貿易戦争がエスカレートしてくると「抗美援朝(アメリカに対抗し北朝鮮を支援する)戦争」と呼ばれた1950年代の朝鮮戦争を描いた昔の映画が国営テレビのゴールデンタイムに再放映されているそうです。この経済戦争は中国にとっては、長期化をほのめかす多くの兆候があります。中国はトランプ大統領が1年に及ぶ貿易紛争を終結させるために突きつけてきた屈辱的な条件を受け入れるのを拒み、世界最大の経済・テクノロジー大国との全面的な貿易戦争に突き進む覚悟を固めているのですここで思い出されるのは、建国の父、毛沢東が4年間に及ぶ泥沼化した朝鮮戦争で、アメリカ軍と戦うために「中国人民義勇軍」を派遣したことです。合意の大半が中国に譲歩を迫る内容ならば、中国国内では到底受け入れられないというのが中国共産党の考えです。
毛沢東が朝鮮戦争への参戦を決断したのと同様に、習氏の選択は一見、無謀に思えます。60年前、装備もままならなかった毛氏の軍隊は、軍事力で勝る米軍と朝鮮半島で対決しました。今では、中国経済の対米輸出への依存度は米経済の対中輸出よりもはるかに高い。中国は30年に及ぶ2ケタ近い成長の末に世界第2の経済大国になりましたが、経済は減速期に入ってて、中間層や民間企業経営者の間では格差問題や習氏の国有企業を重視する姿勢への懸念が強まっていきています。一方、アメリカ経済は順調です。  こんな状況でアメリカに倒して兵士の数や忍耐力によって多数の犠牲者を出しながらも最終的には膠着状態に持ち込みました、習氏は貿易戦争でも国を挙げて戦い抜くことができると信じています。これには中国人の独特の思考があります。中国がアメリカに勝てる理由はふたつあります。                          一つ目は、トランプ氏にとってはせいぜい夢に見るかツイートすることしかできないほどの、高いレベルの統制手段を持つ点です。連邦準備理事会(FRB)や議会下院などアメリカの機関は、大統領の圧力に抵抗を示しています。しかし、中国では、習タヌキが指をパチンと鳴らすだけで、共産党が支配する中国の政府や立法機関、メディアや金融システムに至るまで、国家主席の指示を実行に移してくれる独裁のラインです。。加えて、中国共産党には、必要とあれば中国市場を思い通りに「買い占める」ことができる国有の証券会社や銀行、大企業で構成されています。中国人にとっての2つ目の優位点は、中国では自らをかつて「いじめ」「屈辱を与えた」海外の大国への積年の恨みが今もなお、くすぶっている点です。折しも共産党系メディアはこの感情
を都合よくあおっている点です。