FC2ブログ

閑話及第-69

閑話及第--自民党の二階幹事長ら訪中団は北京で王外相と会談しました。大きく報じられていますが、相変わらず中国に乗せられて騙されないようにしてほしいですね。王さんは駐日大使もしていて日本の心情を知っていますね。日中関係改善に向け交流活発化を促して二階さんが「そのことに取り組む」と応じそうですが、これに本格的に取り組んではいけません。中国は日本とアメリカの同盟関係の強化、つまりは軍備の増強を懸念するのです。朝鮮半島有事に中国の立場を貫くために経済的にも政治的にも日本を近くに置いておきたいのです。一帯一路で海洋進出を一気にもくろむ彼らにはまた日本のお金が必要なのです。相手が力をつけてきたと判断すると、早めに友好と親善と朋友関係を内外にアピールするのが手の内なのです。そこまで王さんが言うのなら尖閣を日本の領土と認めればよいし勝手な油田開発を謝罪して止めればよいのです。自民党の親父を乗せて酔わせたからと言って騙されてはダメですよね。王さんは北朝鮮の核・ミサイル開発と米韓軍事演習の双方を暫定的に停止する必要がある、と苦しい答弁をしました。韓国への当てつけ意地悪子分可愛がり外交との差を韓国に見せる意味もあったのです。



スポンサーサイト



閑話及第-68

閑話及第--民進党は余命な何カ月ですかね。それとも不遜な言い方ですが植物人間状態ですね。以前の巨大安定野党社会党が社民党になっていまどうなっていますか。きっと同じ道をたどるでしょうね。新党先駆けはどうなりましたか?新進党は?新党日本は?あなたの政党の渡辺さんはどこで内をしているのですかね?これでは、政治同好会と思われても仕方がないですよね。同好会は盛り上げあっては消える、盛り上がっては消える、芸を修行していな偶然受けた流行芸人と同じですよ。数年後は地方でかすかな記憶に残っていることを頼みにして営業に回るのがおちですね。それが嫌なのか民進党を排除した小池さんの希望の党に再度すり寄る民進党は何を考えてそんなに節操のない行動がとれるのですかね。こんな事大主義の政党もどきの民進党に国政を任せたなんて信じられないですね。日本に不要です。あんなコウモリ集団は要りません。政党助成金を返答してほしいですね。

閑話及第-67

閑話及第--小池都知事は最近元気ですかね。今年は彼女の反乱に振り回されてしまいました。「小池にはまって、さ、大変」の1年だった方々も多くいらしたと思います。日本人の心情として反乱や革命的な主張をして支持を得るためには条件がいくつか必硫黄ですね。まず、だれもがおかしいと納得できる問題があること、次にこの問題があるために胡坐をかいて好い思いをする人がいること。最後に、戦う相手が自分より強いことです。こえが社会運動や世論を引き付ける前提だと思います。こう考えると豊洲問題は支持を得られませんよね。本当に安全について問題があったのかどうか、これに胡坐をかいて好い思いをした人も見えてきませんし、誰と戦っているのかもわかりません、むしろ関係者を苦しめただけでしたよね。都知事は情報公開もしない、安全と安心の問題も情緒的でよくわからない、関係者で利権や利益を得た人もはっきりできない、ということで、結局時間が18年の秋まで延びたのと、それまでの保留のための費用を都民の税金から無駄に使っただけです。舛添さんや猪瀬さんの方がよほどわかりやすい事由で辞めましたよね。
都民ラストになんてしまいました。「希望という名の新党つくって小池のおばさん、また前に出た」芹洋子さんに歌ってほしいです。

閑話及第-66

閑話及第--韓国や北朝鮮というあの半島にこれ以上振り回されるのは御免です。戦前から日本が植民地にして支配してきた反動はわかります。そして、慰安婦の方々のご苦労や屈辱や辱めを受けた心の傷を無視したり、蔑(ないがし)ろにする日本人は殆どいません。乱暴でいまわしい旧日本軍の乱暴な振る舞いといつまでも結びつけるのは止めてほしいです。彼女らの不満や絶対に無くなりませんし本当の意味で心が癒されることはないと思います。しかし、国家間の解決という観点から言うと、これを踏まえての何かしらの合意をすることなのです。それが政府の仕事だと思います。日本も韓国もこの点では公平に同じ条件での取り決めが求められているのです。どうして朝鮮半島の皆さんはこの観点が理解できないのでしょうか。その程度では南北の統一なんて実質的には戦争を手段としない限り無理だと思います。この時代のこの瞬間、日本は朝鮮半島の朝鮮人がもたらしているいざこざに巻き込まれたくありませんから。

閑話及第-65

閑話及第--日韓慰安婦合意を反故にしようとしているあの政府は機能しているのでしょうか。不可逆的な解決を望んだのは韓国でなのです。他の国ではこんなことはしないのにどうして日本だけにはこんな仕打ちをするのでしょうか。親分の中国にも南京事件の訪中して日本の慰安婦批判で同意して関係を改善しようとする幼稚な対応に呆れてしまいます。彼らがこの国家間の約束を白紙に戻そうとする背景には韓国の国内問題しかなく日本を含む外国には関係ないのです。パクのおばさんと全く違う野党側の文おじさんはパクを否定して成立しています。しかし、これを反故にするのは明らかに間違っていますね。韓国は目下重大な課題を抱えていて北朝鮮がいる攻撃してくるかわからないし、アメリカとの軍事上の関係もサードの配備で難しい選択があります。中国親分からも意地悪されないようにしなければいけません。こんな難しいかじ取りが韓国政府にできるのでしょうか。

閑話及第-64

閑話及第--人出不足なのに賃金があがらない。景気は回復しているはずなのにおかしいですね。企業の態度はこれからの不安定な景気に対して委縮しているのです。だから投資を控え正社員の賃金は簡単にあげないのです。一度上げると下げるのか困難ですから。一方でパートや非正規雇用の賃金は上がり傾向にあります。高齢者と女性パートです。さらに言うと一億総参加社会とは正社員賃金を下げ、終身雇用でない高齢者と女性を期間限定で働かせて切れる状態で戦力にするのです。言い換えると正社員の賃金を上げられない環境を作る節約対策を助長する政策なのです。加えて、外国人労働者は70万人が100万人に増えています。彼らの賃金は日本人より低いです。低くても働くからです。これは危険ですね。労働分配率の向上とは企業が賃金に使うコストの指標のアップです。このことが生産性の向上となり利益を上げる原動力となりコストがさらに下がるのです。

閑話及第-63

閑話及第—北朝鮮の難破船の違法入国者の8人を国外退去そしました。法治国家の日本は船長は起訴していますが他の者は解放したのです。これはダメですね。法律を改正してスパイの容疑の条件を厳しくして厳重に対応し先方の国のd型を見るくらいの外交カードに使うべきだと思います。日本は違法かつ人道上許されない悪事を働かされていて国民を拉致されて不謹慎の言い方を許してもらえば不当に殺されているのです。こんな国からやってくる者を簡単に返していいのでしょうか。還暦ジジイは国交のない国からの違法入国者は高速し続けて調べるくらいの対応をしていいと思います。これが抑止力になって来なくなります。不要に朝鮮総連や日本に住んでいる朝鮮人、日系朝鮮人や隠れ朝鮮人に配慮遠慮する必要などないと考えます。中国からも同様ない方入国者がありましたが、この時には外交問題になるのを避けて帰国さsてしまいましたね。法治国家が特別対応しているから足元を見られるのです。

閑話及第-62

閑話及第--ビットコインの乱高下が続いています。1ビットコインが10万円と思ったら20倍の200万円を超えてしまい次には140万円になりました。これは流通性を重んじる貨幣ではないことは誰でもわかりますね。こんなに価値が不安定で毎日変わる貨幣なんてありませんから。これは例えると投資用の釣り堀みたいなものですね。魚の数は増えないのに、また、池が大きくなったわけでもないのに、釣り糸を垂れる人が増えるために釣り堀の入漁料が上がったり下がったりするようなものです。釣りのファンでない人が入漁券を買ってダフ屋みたに転売することで成り立つ商売かもしれませんね。薄商いなのです。地下アイドルみたいにかわいい女の子が現れるとファンが集まって握手会で儲かります。CDを一人で何枚も買うようなものですね。誰もいなくなるとさっと水が引くように観客はいなくなります。よく似ています。

閑話及第-61

閑話及第--南シナ海の中国の油田がらみの人工島開発について日本がおとなしく黙っている間にとうとう中国は本音をはきましたね。これが軍事拠点であると。つまり、太平洋の防衛上の理由でここに軍隊を駐留させて侵略から中国を守るという理屈です。何をわけのわからぬ屁理屈を言っているのかと思います。結局、あの莫大あ人口を食わせるたけの資源を外から略奪してくるのではないですか。近くから少しづつ領土を広げて太古の昔からここには中華の伝統を中華の古墳と中華の土器等があった、したがって中華民族の居住地であった証拠である から古来から中国の領土である、という理屈です。戦後日本人は敗戦を機にしてこの論理でさんざん嫌な目にあってきました。これは許せない事実ですね。こんふぉは海洋国家とか言って海の利権を主張してきました。かららの論理はめちゃくちゃです。中国が南シナ海に軍事拠点を築くことを正当化しているのですから、日本もきちんとこの暴挙に対抗すると国際社会に表明して軍事力を強化して防衛力を高めることです。日米同盟はアジアのために必要です。この同盟ほど堅固なものはないので中国とのバランスを保っていけるのです。

閑話及第-60

閑話及第--財政再建の方策として学校で習うのは2つの方策です。ひとつは公共投資です。建設国債が典型的な日本のスタイルです。インフラを整えることで大きな建設需要から裾野を広くしてお金を使って市場にお金を流し込むのです。有形固定資産が残るのでわかりやすいです。これには無形の固定資産もあります。それは人材への投資です。つまり、教育投資です。将来税金をたくさん払ってくれる人を育てる、言い換えると人財資産を確保するための投資なのです。これは日本はとても遅れています。外国人対象ではなく日本人の若年層に注いでほしいものです。次に、減税です。教科書的には減税分のお金が市場に出回り消費を拡大させる効果があるため投資と同等の効果があるとされていなす。そうならないのはどうしてでしょうか?それは増税しようとして、国債とかの発行、公共投資を控えるからです。経済を委縮させる政策をとるからですよね。

閑話及第-59

閑話及第--留学生の不法就労で大勢検挙されたそうです。今留学学生は1万7千人ほどだと思います。週28時間のアルバイト就労しか許されていないのですが、掛け持ちすると当局の監理から逃れやすいのですね。中国、ベトナム、ミャンマーの留学生がつかまうトップスリーです。彼らの監理とビザの発給が日本語学校へんぼ学習進度とともに厳しくなるのは当然として、本当の課題はこうした求人需要があることです。これを減らすか日本人をは等しか対策はないですね。無人化コンビニとセルフサービスの回転寿司を促進して需要を下げることが本来の経済再建につながるのです。留学生を労働力とみるのは危険な世の中になるえだけですよね。彼らの職能が日本の産業を奪われる結果にならないとも言えませんからね。

西ベルリンへ入る人の列

Eintag Visa
東ベルリン側チャーリーの検問所を通過して1日ビザをもらって西ベルリンを訪れる人の列。ドイツが敗戦した1945年に20歳以上だった人(列に並んでいる時に60歳以上の人)は日帰りで西ベルリンを訪れることができました。家族、親戚に会いに行っていました。一日を長く使うため朝早くから列を作っていました。還暦ジジイ撮影(1984年)

ブランデンベルグ門の西ドイツ国旗


ブランデンベルグ門です。写真の右が東ドイツ(旧ドイツ民主共和国 DDR)左側が
西ベルリン(旧ドイツ連邦共和国)です。それぞれの国旗がなびいています。

閑話及第-58

閑話及第--相撲協会の対応は財団法人らしだが出ていますね。あれは役所の対応で興行を行う専門集団ではないですね。プロレスでも大衆演劇でももっとお客さんを意識してイベントやファンサービスを考えていますよね。プロ野球でもファンサービスしていますね。それは若いファンを獲得するためでその興行を報せて面白さを知ってもらおうとするからですね。本当の普及活動ですね。プロモーションと言ってもいいですね。ここが相撲協会にはなぜかあまり感じられないですね。格式を重んじるためか、国技という自負があるのか、もう充分普及していて人気も評価も安定していると思っているのか、財団法人のおごりなのか、どうも弱いですね。役人のお仕事に見えます。週刊誌は相撲協会をたたき、テレビは貴乃花親方をたたいて稼いでいるのに気が付かないのでしょうか。

閑話及第-57

閑話休題--中国で共産党員や公務員にクリスマスに関する行事に参加が禁止することになりました。西の文化侵略を許さないということで西洋の祝祭のまん延に抵抗することとして家族も含めクリスマスの祝賀行事に参加しないよう求めた。また、クリスマスの飾りのために雪の模造品を売買した者に対し高額の罰金を科す省まででています。もちろん、大学にもクリスマス禁止の指示が出ています。共産党は宗教の信仰を認めていないのですからね。日本のように宗教の自由はないのですからね。特にキリスト教は西側の文化価値の代表ですから反政府の思想に進むと困るわけです。淋しいよりも怖い国家です。日本人でよかったですね。メリークリスマス!

ベルリンの壁を知っていますか? 壁の向こうとこちら

ベルリンの壁、西ベルリンから東ベルリン方向を観る
壁の東ドイツ側には数十メートルの幅のある立ち入り禁止ゾーンがあって、東ドイツ市民はそこには入れませんでした。西ドイツ側(西ベルリン側)では壁に触れることもできました。

閑話及第-57

閑話及第—平成が終了するのは予定された事実ですね。ハプニングが起きるとすると2019年4月末までに今の天皇陛下が亡くなることぐらいです。経済効果でみるとこの年号変更で何億円もかけて貢献しますかね。正直のところ読めない行事ですね。よいうことは、オリンピックの開会宣言は今の皇太子さんがするのですね。最初のビッグイベントですね。元号も皇室典範を変更して広く国民から公募したらどうでしょうかな。パンダと同じ方式ですね。国民主権ですから一部の人が密室で決めるのは、この機会にそろそろ考え直してもよいかと思います。皇太子さんが天皇になったら12月23日を早急に平成の日という祝日にしてほしいです。そうしないと、皇太子の誕生日が上半期にあるため19年は天皇誕生日を失うことになります。元号が変わる時期はゴールデンウィークですからみんな休むのでここの祝日は無意味ではないですかね。学生には大事でしょうが。

ベルリンの壁を知っていますか?

ベルリンの壁
ベルリンは、東西ドイツの時代にこの都市だけがぽつんと東ドイツ内にありました。
ベルリンは東ベルリンと西ベルリンに分かれていて、
西ベルリンはいわば西ドイツの飛び地のようにして東ドイツ内にあったわけです。
陸の孤島でした。
ベルリンの壁は、この東ベルリンと西ベルリンを分ける境界にありました。全長は150キロに亘っていたものです。高さは8メートルで東ドイツが西ベルリンへの逃亡を防ぐ目的で作りました。

閑話及第-56

閑話及第--パラオは南太平洋に浮かぶ島国です。戦時中は二歩が占領して統治していました。日本人町があって住民もいて神社があり戦死者を多く出しました。それでも、日本人と現地人は日本式を押し付けたもののその価値観を共有することができた方ですね。ご年配の方々には今だに日本語の歌を覚えていたり、今だに日本語起源の言葉が日常で使われています。下着は「サルマタ」と言い、ビールは「ツカレナオース」,映画は「カツドウ」という具合です。日本の統治で日本式の教育や生活様式を共用された面もあるものの、これらが貢献した面もあるのです。人口は2万人ほどサンゴ礁の美しい島国ですが、観光客は年間15万人訪れます。観光客の最大勢力は中国人、次いで日本、台湾と続きます。問題になるのは環境破壊です。海にゴミを捨てたり、保護生物を捕獲したり、珊瑚に触れて傷つける行為が増えているのです。天皇陛下も慰霊に訪れてこの島を今度は日本人の手で守ろうではないですか。ちなみに日本の国旗は日章旗、パラオの国旗はこれをまねた月章旗です。南の海をイメージするきれいな国旗です。

閑話及第-55

閑話及第--誘拐拉致被害家族への安倍さんの国会での発言のあの野党の態度はなんでしょうかね。蓮舫は中国人だから仕方がないとしても、山本太郎とか森裕子とか福島みずほとかは朝鮮人ですかね。日本の国会で北朝鮮が非合法に密入国してスパイが誘拐拉致した日本人を奪回する決意を話しtいる最中にヤジを飛ばす非国民議員は即刻辞めてもらいたいですね。野党の党首の任命責任を追及してほしいです。そして、彼らが朝鮮人でない証拠を提出してほしいです。拉致被害者の会のご高齢のお母さんが亡くなりました。さぞかし、無念だったと思いま

閑話及第-54

閑話及第--リニアモーターカーの行為受注に関して大林組やらどこやらが談合だと騒いでいますが、これが談合なのですかね。国家的な巨大なプロジェクトを民間企業が請け負うにはそれなりの準備が必要で人材投資と設備投資がターゲットとなる事業の決定前に必要だと思います。官公庁は企画段階から予算がついてくr実行計画段階と自分たちの判断により自分たちのペースでできますが、民間には恵まれた時間も資金も余裕はないのです。したがって、何年も前から用意して役割分担を決めて対応し対応するだけと思います。どこで購入しても同じ財、自動車をどこから買うかの類と同じにしては困ると思います。ました、これはJR東海という民間企業への財政投融資であり借金の認可であり、返済する資金の提供なのですから。施主が気にするのは納期に間に合うかということで金額ではないと思います。

閑話及第-53

閑話及第—(続き)この団体のしていることはお花畑ほど平和国家日本い対する公的な冒涜です。そして、サンフランシスコ市が大阪市に断られて姉妹都市関係を切ったのも当然のことです。また、この団体に加担しているのは中国政府です。世界41ヵ所に支部をもって南京大虐殺や慰安婦問題を煽っているのです。彼らはアメリカ社会に入り込み日本とアメリカの同盟を崩そうと試みるものです。表面では日本にすり寄り日中関係を修復したい中国が報道されますが、他の場所ではこうした分裂分離切り離しにかかるのです。これは孫子の兵法の基本ですね。これに成功すると今の韓国のように子分扱いをする親分の威厳と権力が堂々と出てくるようになるのです。中国を信頼してはいけません。笑顔で殴ってくる人たちです。

閑話及第-52

閑話及第—慰安婦像を立てて問題にする中国の抗日団体について腹がたちますね。中国の孫子の兵法による日米関係の取り崩しを感じます。アメリカでの慰安婦像の建立を推進しているのはカリフォルニアに本部がある抗日団体です。グローバルなアジアの第二次大戦抗抗日戦史維護連合会という長ったらしい中国系アメリカ人が興した団体が中心になっているのです。この団体の方針は考え方を見ると3つ書いてあります。まず、日本政府が日本の戦争犯罪を否認・正当化・白紙化させようとしていること、次に日本の人道に対する罪は大規模なものであったこと、そして最後に、日本がこの過去について、そのつど非難されねばならない。とあります。(続く)

閑話及第-51

閑話及第--とうとう化けの皮がはがれてきました。北朝鮮の難破ボロ木造船のプレートには『朝鮮人民軍第854部隊』と記されていました。漁船なら、多くのイカを詰め込めるよう乗員は3人程度。だそうです。ものを北朝鮮に持ち帰るつもりだったと供述しましたが、だとしたら、“かじが壊れた”というのはウソですね。つまり、彼らは密入国してきたスパイです。活かしておく必要はないので拘束して北朝鮮の状況を吐かせることです。漂流してから10日間も助けを求めないで無人島の設備を盗む犯人だったのです。こんなすごい近代的な設備が無人島に人の管理なしにおおいてあるなんて、北朝鮮ではありえないことですね。日本からすると防御が弱すぎて話にならないどころか、横からやられてしまいますね。お願いは彼らは強制送還してはいけません。日本に留めて江戸時代のように蝦夷地とか島流しにして徹底的に拘束するべきです。どこの国がするように、そして北朝鮮が拉致したのと同じようにです。

閑話及第-50

閑話及第-スペインのカタルーニャ州を知っていますか?州都はバルセロナです。ここは近世から王国があってスペインの中でも独立できる大きな経済圏をもっています。スペイン全体の20%の生産力を誇っています。スコットランドがイギリスから独立したいような運動が長年わたりありました。独立についてスペイン政府にお伺いを立てたり、交渉しようとしましたが、政府側は合わないで交渉の機会を持とうとはしなかったのでした。こうした険悪な空気が両者間にはあり、独立運動を助長させることにもなっていたのです。これを一変する出来事が起こました。それは過日起きたバルセロナのテロです。このテロのおかげで政府側もカタルーニャ州側もテロを非難したのは言うまでもありません。そして、スペインは一つを強調するために両者の代表が肩を組んでいる写真が新聞に掲載されたりしました。テロが絆を回復したのですね。

閑話及第-49

閑話及第--韓国の外相が来日があります。河野外務大臣には毅然とした態度で頑張っていただきたいと思います。はっきり言って何しにくるのですかね。あの文大統領も来日したいのですかね。それも何をしにくるのですかね。中国へのアピールではないでしょうね。中国に翻弄される韓国は気の毒ですが日本には関係ないですね。韓国がきたら習パンダ親分に対して韓国にガツンと言ってもらうように依頼すればよろしいと思います。中華も小華も日本は距離を置いておきたいと明言するべきですね。韓国への助言は簡単です。韓国にはアメリカとの同盟と強化、日本との同盟を強化することを中国に宣言してそのような路線にしなさい。そして、中国がさらに韓国に厳しい意地悪をするかどうかを見極めた方がいいですよ。ロッテにお悔やみ申し上げます。一帯一路では資主義のサポーターのような施策と協力をアピールしておきながら、舌の根も渇かぬうちにこうした暴挙をされて御気の毒に思います。と慰めて励まして肩をたたいて帰国させればいいですね

閑話及第-48

閑話及第--(続き)さて、整理回収機構は、経営破綻した「朝銀東京信用組合」から金剛保険に対する約10億円の債権を引き継ぎ、回収を進めてきたとされています。そしt、同社の関連口座の預金を差し押さえようとしたところ、2016年12月ごろに複数の口座から約8千万円が一斉に引き出されていたのだそうです。そして、明らかなことは金剛保険側が同機構の債権回収を妨害する目的で財産を隠したことでしょうね。そこで、資金を引き出した理由や資金の移動先を解明するためには関連資料の押収したのです。朝銀東京信組など在日朝鮮人系の16信組は97年から01年にかけて相次ぎ経営破綻した。これまでに預金保険機構(預保)を通じ、預金者の保護や不良債権の買い取りなどの名目で計約1兆3千億円の公的資金が投入されているのです。こんなの本国民の税金を悪徳国家の血筋のある人たちに使うのは止めてもらいたいと思います。こんなことしかしないで日本での権利ばかり主張する彼らにおそろそろ本格的に対峙してよろしいのではないでしょうか。

閑話及第-47

閑話及第--金剛保険という胡散臭い保険代理業会社では整理回収機構による預金の差し押さえを免れる目的で現金を隠した疑いがあることが判明しました。客は在日朝鮮人です。金剛保険が差し押さえを不正に逃れた資金は8千万円に上るとみられていて、警察が家宅捜索で押収した資料を分析し、不透明な資金の流れの解明を行うとしています。このお金は祖国の楽園に流れていると思います。そして、刈り上げ花火の一部となって日本上空を飛んだかもしれません。金剛保険は在日朝鮮人総連の配下にある会社で全国規模で金集めをしているいい加減なわけのわからない金融業だということです。(続く)

閑話及第-46

閑話及第--都立高校の入試に英語のスピーキングを取り言えるそうです。英会話業界は喜ぶでしょうね。あと、旅行業界、フィリッピンや韓国、台湾への児童語学留学が盛んになりそうですね。また、一家でホームステイを組み合わせたハワイとはグアムとか若い夫婦や40代で英語への苦手意識が続いてコンプレックスを引きづってきている世代の夫婦は格好のお客様になるでしょう。しぴーキングの評価は誰がどのような項目について行うのかが鍵ですね。受験生に英語の音の正確さや表現の的確さ、スピーチの基本条件を満たしているか、英語として適正な発話になっているか、等を評価するのは酷な話ですね。その理由は2つあります。まず、人前で話すことは教室で手を挙げて充てられて話すのとは違う場面であり条件が異なり受験生は知らない世界であるからです。いきなりはできません。こうしたスキルを受験勉強として練習することになるでしょううね。英会話学校がカリキュラムを組めば儲かりますね。次に、筋道を立てて伝えるためにスピーキングが必要なため母語、日本語でこれができないと聞き手には伝わらないからです。日本語であまり教室で練習していないころをいきなり英語で行うため、受験生は日本語での言語表現の良し悪しに影響されてしまいます。つまり、英語のスピーキングに関係ないところで評価されるからです。この2点の理由により酷な課題に酷な結果が出ないことを祈ります。そして、スピーキングをどのように意味づけるのかという課題が残りますね。

閑話及第-45

閑話及第--今年の感じは「北」でした。還暦ジジイは「禿」かと思いました。漢字が当用漢字でないことと、禿では社会的にまずい理由があったのでしょうね。内輪では今年の漢字は禿ですよ。併せて「忖度」も国会劇場で流行りました。忖度は相手を思う、慮(おもんばか)ろとても好感度の好い日本語表現です。何か、権力者の阿(おもね)ろことや、ゴマをすって期限を伺うことのように思ったり、こうした意味を含めて使うのだと思わせる節がありますが、こうした否定的な意味はない言葉です。外国の異文化圏に通じるかどうかは別として国内では普通のことです。忖度する時の本来の思惑や意図を悪く、それこそ忖度する習慣は日本人にはなかったのです。素直な肯定的で先方に都合のよい解釈を試みた結果の行為が忖度した結果の行為なのです。先方に合えて意図的に誤解をもたせたり当方の意図を通すための神津を要求する方策が忖度ではないのです。少々、理屈が先行しますがこの差は大きいですね。