FC2ブログ

閑話及第-11

閑話及第-韓国も頭脳と勤務時間の長さ、そして、その集中力で世界を席巻しようと頑張っていたと思います。高等教育を受けたい人が若者に多いのも就職先によって収入、立場つまり権力が全く違う結果になって20代から決まるからです。ここへきて頭脳立国は難ししいように見えてきましたね。イスラエルのようにはいかないですね。イスラエルは8000万が四国程度の面積に住み、国土は砂漠というか乾燥地帯ばかりで宗教対立がどの時代にもあった地域です。それでも世界に郵趣運あ人物を送り出しています。アメリカにも移民は多くアメリカも好意的にイスラエルを考えています。博士号所持者が多くビジネス界でも成功者が多いですね。韓国もこういう道を歩みたいのでしょうか。70年近く祖国を統一できない実情があり、これをアメリカとかロシアのせいにいつまでもしていては韓半島の発展はないでしょうね。結果として北朝鮮主導でも韓国主導でも統一できないことが彼らの一番の汚点であり、残されている課題なのです。
スポンサーサイト



閑話及第-10

閑話及第--大阪伊丹市の土地は大阪空港の騒音が激しいこともあってか土地の売価(とか見積もりとか価格とか単語の定義でもめていますがどうでもいいでしょうね)が安くきっと塵芥とともに売らないと売れない程度の価値だったと思います。そんな事由もあって財務省近畿財務局は土地の売価適当に幅をもたせてでも処分を優先したのではないですかね。ごみ処理費用を後から取引に組み込んで処理したのでしょうね。補助金の額にゴミ処理費用を上手に入れこんでの処理だったのではないですかね。ところが金額が大きいのと土地代金との比率が説明できないために問題になったかしらと思います。1000円の食事に5000円の器を使うようなものです。これを6000円の料理ですというのは通用しませんからね。枝野さんは近畿財務局を呼んでここぞと追及してほしいですね。