FC2ブログ

閑話及第-223

閑話及第--フランスでは徴兵制が17年ぶりに復活しました。マクロン大統領が今年1月に海軍基地で、軍の幹部や兵士を前に年頭の演説をした通り公約だった廃止されていた徴兵制度を復活させました。19-21歳の若者約60万人に。1か月が義務で、その後は1-3年が選べるとかいう仕組みです。相次ぐテロの脅威に備えるためです。                           ヨーロッパでは徴兵制が一旦は廃れたものの、再び導入する国が増えています。スウェーデンでは徴兵制を7年ぶりに復活させました。。兵士に志
願する若者が減るなか、近隣の軍事大国であるロシアの武力外交をにらみ軍事力を強化するのが目的です、戦争を含む有事の対応マニュアルを記したパンフレットを約470万の全世帯に配布しているくらい愛国心を高めているのです.ナショナリズムの高まりが世界中を掛け目打ています。ヨーロッパもアメリカもアジアでも同じです。違うのは日本だけですね。ナショナリズムは軍国主義と同じで軍歌を唄うのは暴力主義的な右翼で民主主義に反するという教育に毒されている国民ばかりですから愛国心はタブー「無国心」のコスモポリタンが平和主義
者であるとするのが日本です。
スポンサーサイト



閑話及第-222

閑話及第---九州の西鉄バスが黒字路線の減便を行うようです。発表から半年くらい経ってい
ます。これまでバス路線の見直しと言えば地方の赤字路線が「定番」でしたが今回の対象は
福岡市中心部「中洲」を中心に「天神」や「博多駅」などを結ぶ、1日平均8000人が利用す
る黒字路線でした。 循環するルートを縮小して便数を大幅に減らしました。
 どうも運転手不足が原因のようです。運転手不足の原因は「長時間労働や低賃金という待遇面
の問題です。なり手がないから営業できないのです
 公共交通でこのような事態が発生すると社会の仕組みが変わります。外国人の運転手を輸入、
受け入れて5年間だけ運転してくれる人にビザを出したりするのですかね。中国人やイラン人の運転手
が安い賃金で日本人の客を乗せる日が近い気もしますね。二種免許ともっている運転手さんが貴重ですね。

閑話及第-221

閑話及第--ハーレイダビッドソンはアメリカ国内での製造を諦めました。タイで精生産して欧米に出すようですね。30%を超える関税に6%から上がるとさすがに買えなくなりますよね。この関税は購入者負担ですから痛いですね。国内需要が高いため国内生産ではおいつかないから輸入が増えるケースに輸出品に関税がかかると厳しいのはアメリカの方ですね。輸出を減らして国内産業を守るのなら、景気を悪くすれば購買意欲が減り国内需給率が高まる方向にゆくでしょうね。
それでも海外から好い物を買う傾向にあるのがアメリカ人だと思います。自分で自分の首を絞めるような報復はアメリカも後悔するのではないでしょうか。
ところが、大統領はハーレーダビッドソンのバイクは「海外で生産されることなど決してあってはならない」、「従業員や顧客はすでに同社に対して怒っている。移転すれば、いまに分かるだろうが、それは終わりの始まりだろう。彼らは降参した、彼らは立ち去る!オーラは消え、かつてないほどの税が課せられることになるだろう」とあざけるツイートをしました。
あれ、大統領はアメリカの国内産業を守るのではなかったのでしたっけ。滅茶苦茶ですね。

閑話及第-220

閑話及第--サラリーマンは会社に仕えて、給報酬をもらう身分です。江戸時代の武士が藩に
奉公して俸禄をもらうのと同じです。会社では上司に仕え、経営者が指し示す方針に
は逆らわず、忠誠心をもち続けて空気を読み、忖度していれば生活は保証されています。                 とは言っても、企業間では、激しい競争がありました。日本が経済発展を遂げた時期、
ライバルは無数にいて、企業戦士であるサラリーマンは身を粉にして会社のために働き
戦いました。パワハラなどは日常茶飯事。それでもその世界を勝ち抜いていく
ことにサラリーマンとしての価値がありました。                                                 例えば、大手銀行は13行ありました。それが現在では繰り返し行われたM&Aの結果、
わずか4行に収斂している。同じ現象は鉄鋼、電機、機械、化学、製薬などあらゆる業界
で生じている。世の中は少数の大企業だけが生き残る社会になっているのです。

閑話及第-219

閑話及第--W杯ロシア大会での日本チームの活躍は好感度高いです。考えてみると年齢の高い選手の集まるチームで、身体能力の違うまるでキリンと走り回っているアフリカの選手とわたいあっているのはたいしたものです。勝敗もありますが、あの点を取られてから取り返す
試合状況が日本人が好む展開なのです。侍ジャパンと言う表現がありましたが、これは
敗れるかもしれないシチュエーションで使われる言い方です。この意味で彼ら選手は侍ですね。
ここに日本人の血はたぎるのですね。
 あの大会のスポンサーには2種類があります。パートナーズと言う世界で7社ほどしかないスポンサーです。
スポンサー金額はしりませんが莫大なものです。還暦ジジイが目に留まったのはコカコーラと韓国のヒュンダイ、
そして中国の企業2社でした。以前はソニーが日本企業では唯一入っていましたがここ15年で日本企業は姿を
消しつつも残っていました。今年はついに消えてなくなりました。東芝に象徴さるうように業績がグローバルな観点
から悪いため載せられないのですね。
 因みに他の種類はスポンサーズという企業がたくさんです。これはパートナーズよりは落ちるのですがたくさんの
企業が参加していて漢字表記があった中国企業や航空会社とかです。ここにも日本企業は少ないですね。
アメリカもサッカーは弱いためかスポンサーズはなかったと思います。世界の景気や経済状況が出ますね。

閑話及第-218

閑話及第--「静かな湖畔」という童謡知っていますね。「静かな湖畔の森の陰からーーーカッコウカッコウ、カッコウ、カッコウーー」っていう童謡です。あの曲に合わせて歌ってください。獣医学部の唄です。                                       静かな四国の愛媛の森に、獣医学部ができました。加計、加計、加計、加計、加計  獣医学部は天下の土地の 総理の特別案件だ、安倍、安倍、安倍、安倍、安倍」 
 次は「私は音楽家、森の子リス、上手にバイオリン弾いてみましょう。~~~」で唄ってみてください。          
「近畿の小学校ここは首相、婦人のアキエが名誉校長、モリ、トモトモ、モリ、トモトモ、
モリ、トモトモ、モリ、トモトモどうなった。」


閑話及第-217

閑話及第--戦後70年経った現在サラリーマンは会社の方針に唯々諾々としたがって、人々はますますモノを考えずに、上に忖度するだけになってしまうようにまとまりました。そんな社会では新しい発想は生まれないですし、自分の勤める会社の価値観にすがって生きているだけですから、イノベーションなぞ決して起こりはしないのです。                    
サラリーマン化の現象は次の数字に見られます。50年前の1968年には就業者数4965万人に対して雇用者数は3107万人でその割合は62.6%でした。ところが、2018年3月の就業者数は6694万人です。このうち雇用者の数は5933万人ですから就業者全体の88.6%がサラリーマンとなっています。                                               ところが、労働人口とされる15歳から64歳の生産年齢人口は98年で8692万人でしたが、2-17年では7562万
人と約13%も減少しています。しかし、同じ期間で雇用者数、サラリーマンは5389万人から5933万人へと約10%増加していることがわかいます。. 江戸時代の日本は「士農工商」という階級社会でした。今「サ農工商」の社会です。つまり日本の社会が急速にサラリーマン化しているのです。

閑話及第-216

閑話及第-- RADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が問題になっています。野田さんという歌詞を書いた人のブログだかが炎上したとか報道されていました。彼は愛国心う表現したかったのですね。今の日本では普通に若い人が愛国心を表現する機会はないですね。そのような教育を受けていない。愛国心を育むことを良しとしない教育で無関心に育会ってきているからですね。唯一あるのはスポーツの場面ですね。
 この歌詞を還暦ジジイは読みましたが何がいけないのですかね。これがどうして軍国主義なのでしょうか。これが軍国主義ならガンダムや宇宙戦艦ヤマトの唄も軍歌なんですかね。
若い人が普通に愛国心を堂々と話し合う機会を学校の教育現場で作るべきですね。
 野田さんに言いたいのはむしろ彼の日本語の理解力が足りないことです。歌詞の中に
御霊と出てきますが、彼は自分の中にある魂を御霊と言っているように聞こえますが、御霊は人様の天皇とかの魂であって自分には言えません。それから、高ぶる血潮と
言っていましたがこれあ滾る(たぎる)血潮でしょうね。日本語が間違っているように思います。古い言葉を使うからですよね。
 こうした言葉を条件反射的に軍国主義と決めつけるのは短絡的です。そちらの方が問題です。こうした皆さんも日出づる国の国民で天皇の御名の下に暮らしてきた先祖をもつ子孫なのですから。

閑話及第-215

閑話及第--北朝鮮は朝鮮戦争(1950~53年)で死亡した米兵の遺骨の引き渡しを開始する旨発表しした。12日の米朝首脳会談での合意に基づき、北朝鮮側が実施する初の具体的措置となります。米朝首脳が署名した共同声明により、米兵の遺骨収集に関する協力を盛り込んだための措置ですね。        思い出されるのは日本から誘拐された被害者が北朝鮮で亡くなってその遺骨が他人のものだったというとんでもない偽装遺骨事件です。他人の故人の遺骨を平気で公にそれも外国人も遺族に差し出すいい加減な北朝鮮もさすがにアメリカ
にはこんな適当なことはしないと思います。これがまともな遺骨返還であればあるほど日本人ははっきり文句を言わないといけないです。そして、外国人誘拐事件をアメリカ兵の遺骨返還と一緒に世界にアポールするべきです。日本人の北朝鮮に対する怒りの可視化が圧力でもあり平和につながるのです。正しい愛国心が必要だと思います。愛国心は他国の愛国心を否定するものではないことを主張しなければいけません。

閑話及第-214

閑話及第--ロンドンの治安が悪いそうです。スクーターギャングが横行しています。スクータで歩行者に近づき背後から財布やスマホなんかを奪っていくギャングです。
伝統的に警察官が武装していないロンドンですが、ここへきて治安が悪くなりそれどころではないですね。テロは確かに減っています。しかし、ひったくりやスリは昔に比べて増えているのです。これはどこに原因があるのかとイギリス人も考えています。
これは貧困層の反乱という意見があります。彼らが騒ぎ出すのです。貧困層の若者です。彼らは移民の子供です。2004年頃にEUの方針でイギリスも欧州東側の国グから移民を大勢受け入れました。今になってイギリス社会に高いつけが回ってきているのです。彼らの親世代はイギリス社会に溶け込めない者も多く、そのノスタルジアと民族主義でイギリスのジェントルマンは困っているのです。こうした安い賃金で働く外国人移民が貧困層となって反社会的に暴発するのです。移民反対運動がイギリス、ドイツやフランスで出てくるのもわからないで
もないです。彼らは外来種のブラックバスみたいなものですね。悪貨が良貨を駆逐する、というのが現実です。

閑話及第-213

閑話及第--18日朝の大阪府北部地震をの報を受け、台湾の蔡英文総統はツイッターで、お見舞いと早期復旧を願うメッセージを日本語と英語で投稿しています。蔡氏は「被害に遭われた日本国民の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、被害に遭われた方々の速やかな回復と被災地の早期復旧を心からお祈り申し上げます」と投稿。「日本に対して出来る限り必要な支援を行う用意をしています」と書いてくれました。     
日本と台湾は地震とか災害があると互いに助け合ってきました台湾の地震で日本から災害援助隊やワンちゃんはいち早く駆けつけ救助にあたりました。台湾は東日本大震災の時も援助してくれて募金活動も200億円も集めて助けてくれました。これは本当に素直にありがとうことです。台湾はこのように親日的な態度で接してくれるのにどうして中華人民共和国はだめなのでしょうかね。どうして中国とは結局、何かの心が通じる手前で止まってしまうのです。どうも信頼できないのです。これは何故ですかね。

閑話及第-212

閑話及第--中国は独裁ファシスト政権です。理由は党が議会や政府より上位に来るからです。
この繰り返しが中国の歴史です。北からこの勢力が倒されては同じ独裁が南に拠点を置き、また、北から来る反政府勢力にやられる。この繰り返しです。言い方を変えると権力闘争がああって、
勝者が天下をとって汚職する、これに反抗する勢力が育って、戦争が始まり権力闘争を経て
新しい君主が天下を取る。このファシズムの歴史です。人民という名称を使うファシズムだから
面倒なのです。彼らの利益は現実的な利益ですから思想はないかもしれませんね。権力保持と
権力安定と拡大のための経済発展しか見ていないのです。

閑話及第--211

閑話及第―日中韓の首相会議を12月に開催するべく中国から打診があったそうです。これは中国の朝貢外交が始まりそうですね。彼らの朝貢貿易は中世から変わっていません。室町時代に足利義光の時代に中国に朝貢した幕府はその7倍ともいえる財産をもって帰国したのです。これによりずいぶん贅沢な文化に華が咲くのでした。中国の孫子の兵法は貢物をもってはせ参じる者を傘下に入れるためには生け捕りのごとく影響力を残そうとするのです。一旦牙をむけば潰しに来ます。このメリハリが凄いのですがここにポイントがあるのです。相手に勢力がある時には決して大きな態度は見せません。腰を低く来ます。時期を見ているのです。最良策は戦わずして勝つことだからです。しかし、にこにこしながら着々と戦う準備をしています。
 北朝鮮は中国に貢物をもってきました。者はなくてもひれ伏してきました。韓国にもそのマウンティングをしたいのです。日本に対してはすぐにはアメリカがついているためできないのです。ここに中国のジレンマがあるのです。

ネス湖の湖畔は北国の色しかなかった

Lochness lakeside
ネス湖の透明度はあまりないにと言われてます。湖畔に出るとよくわかります。がちがちのでこぼこの石がころがっている湯尾に見えますがそうでもないです。それでも石はつるつるでころころと丸い転がされた清潔な石ばかりでした。適当に集めて拾ってきました。

ネス湖はスコットランド北部の静かな湖

Loch Ness 0022222
ネス湖の思い出1 イギリスのスコットランド北部にある淡水湖です。周囲の川から泥炭が流れ込むため透明度は低く3メートル程度しか見えない。北国の細長いネス湖は静かなたたずまいを見せていた。南北に35キロもあるのに幅は2キロほどの細長い湖です。
還暦ジジイはネッシーという怪獣が棲むとされ目撃情報とネッシーの写真が雑誌に載っていた少年時代の記憶をよみがえらせてこの地を25年前の晩秋に訪ねたことがあります。
エジンバラというスコットランドの州都は大都市で城下町でもあります。北の都で版画を見るような寒々しいモノトーン主体の街でした。ここからさらにインバネスというネス湖湖畔の町ともいえる小さな北国の終着駅がある町がネス湖の北の終点です。エジンバラから3時間程度ゆられて北上するのです。

閑話及第-210

閑話及第--(デフレ嫌々2)財務省が国民を欺くセリフがあります。国民一人当たりの借金という言い方です。国の収支が黒字でないといけない前提ですね。税収が支出を上回っていないといない前提です。国家財政は家計簿と同じでしょうか。プライマリーバランスという財政収支は黒字を目指すのが当然ではありますがデフレ状態での優先順位はそこに行かないと思います。つまり優先が異なると思うべです。プライマリーバランスの目標設定は無意味ではないでしょうか。  まず、増税はダメです。このままの税率で大型補正予算をいアベノミク
スの当所の予定通りに20兆円規模で入れて欲しいです。これによりとにかくデフレから脱出することです。家計簿や企業ならば「収入を増やし、支出を削れ地地区に回せる、儲かる」となり引き算の考えでよいのです。しかし、国家予算は足し算ではないでしょうか。これは国民総生産(GDP)ですね。

閑話及第-209

閑話及第?(デフレ嫌々1)デフレ脱却の思いは元来2つあって二本の矢とか言っていました。これらは機動的な財政政策と民間投資を促す成長戦略を大胆な財政戦力のもと市場に資金を注入するものでした。物価上昇2%を目指す金融緩和が目玉なのでした。当初は13兆円もの補正予算がつぎ込まれました。なぜか翌年から補正予算額は縮小されました。この理由は財務省の反対です。予算編成権をもち財政健全化を重視する緊縮財政派の反対が原因でしょうね。この緊縮財政のために日本はデフレ脱却ができていないのですね。           
 このようなデフレに振れそうなアメリカの危機時には50兆円の金融緩和で資金を市場にまきました。中国でさえ同規模でした。そして一気に行ったのです、デフレ脱却にはこうした財政政策が主体で金融緩和は補助的なものなのですね。

閑話及第-208

閑話及第--米朝首脳会談で、トランプ氏は「完全な非核化を実現すれば経済制裁は解くが、本格的な経済支援を受けたいならば日本と協議するしかない」との旨を刈り和え君に説明。その上で「安倍首相は拉致問題を解決しない限り、支援には応じない」と述べたとそうですアメリカの援護射撃はここまでですね。ここから先は日本の攻撃を70年ぶりに行うための舞台です。
 まず、拉致問題ではなく国家誘拐事件という犯罪であることの確認が重要です。これがないと米朝の問題、つまり国際的な問題として認可を得られないのです。拉致はabductionと報道していますがこれはkidnappingであると日本は声高に世界に言うことです。北朝鮮の国家予算と比較できる規模の戦後賠償の用意があることも刈り上げ君には言うことですね。失礼な言い方になりますが生存している北朝鮮にいる人質は取り返すことです。金をちらつかせて試みるおが好いでしょうね。
 彼らが無事かえってきたら謝罪と賠償を要求します。賠償は戦後賠償と相殺してしまいます。これで公平です。本当の地上の楽園作りが始まるのです。日本は協力する必要なとないです。
 これが成立しないならは軍事力で攻めるのはよいです。アメリカの傘下にいるのはこのためであることを示すべきです。韓国との関係など関係ないです。これは日韓問題ではなく日朝問題ですからね。朝鮮半島(韓半島)と韓国と朝鮮(北韓)の問題は朝鮮人で解決してもらいたいです。中国の後ろ盾について日本が影響を受けるのは勘弁してほしい言うべきですね。

閑話及第--207

閑話及第--トランプ米大統領に対して「安倍晋三首相と会ってもよい。オープンだ」と述べていたという報道がありました。これにより日本は喜んでモンゴルであるように進めtいます。一点どうしても気になるのは日本の北朝鮮に対する外交姿勢や方針が明確になっていないことです。戦争中の悪事についての賠償だとか、拉致問題とか言っていますが、日本の本当の彼らに対する国としての対応方針はどうなっているのですかね。
 日本にを馬鹿にして税金をまともに払わずにごまかして日本人が支払う税金を朝鮮人のために支出させ反日教育を平気で是認して朝鮮人チマチョギリ差別を声高に言うのは勘弁してほしいです。密輸と泥棒国家の北朝鮮をどうして日本は容認するのでしょうか。日本人を含む外国人を平気で国家として誘拐してきら悪行は拉致問題ではなく国家誘拐犯罪です。したがって、北朝鮮は加害者としての罪を認めるべきですね。日本は謝罪と賠償を要求するのが筋です。屈辱的なことですがここは怒らなくてはいけませんね。

閑話及第--206

閑話及第--デフレ時に量的金融緩和政策のために50兆円も注ぎ込んだアメリカや中国と異なりどうして日本は金融緩和策が弱いのでしょうか。必要な時に思い切って投資を考えて復興支援のための資金を出さないともtt疲弊するのが政治家にはわからないのでしょうか。江戸時代の徳川将軍の方がよほどましです。お武家は働かないで消費にしか貢献していませんでした。それでも知恵を使って町民の生活にもっと密着していたと思います。もちろん御用商人も囲って公平な取引を促進していたとは思いませんが、今のような不公平が不公平に注が
れる社会ではなかったと思います。
どうして、プライマリーバランスにこの期に及んでもこだわるのでしょうか。財政が黒字になっている国はイタリアとフランスぐらいですよ。税収範囲での予算をまかなう理由はあるのでしょうか。国民一人当たりの借金が何百万円という表現に意味があるのでしょうか。
東日本大震災に時も思い切った資金を一気呵成に投入しないで緊縮財政のマインドのままで乗り越えようとしましたね。あの民主党があたふたしただけでしたよね。それが今に引きずっているのがわからないのでしょうかね。あの震災で必要になった費用を臨時経費として税金に上乗せするとは何様かと言いたいですね。国家予算は家計簿とは別物です、と言いたいですね。

閑話及第--205

閑話及第--北朝鮮の刈り上げ君とアメリカオオカミトランプさんとの会談は「ふりふり」
会談でした。還暦ジジイの言う「ふりふり」とは北朝鮮は非核化をするふりをすること、アメリカは北朝鮮を攻撃しないで存在を保証するふりをすることです。ともに両国の利益になり、両国のメンツも保て平和が保証されるから誰も反対しません。これが「ふりふり」外交の結果です。
 言い方を変えるとトランプ劇場に世界のマスコミや国家が招待されてショータイムを見せらたのです。茶番劇でもパフォーマンスが好いと素晴らしく見えます。これがアメリカです。北朝鮮は素人がいきなり舞台に上がらされてような様子でした。ただし児童劇団のような演技力はあるので悪い印象を観客に与えることはなかったですね。
 アメリカの演出は抜群です。トランプはマスコミ出身ということもありますね。刈り上げ君は
ピョンチャン・オリンピック後の変容した態度に誰も不思議に思わないのでしょうか。いきなり笑顔を振りまくようになったのは何故なのですかね。あれを信用するのは無理ですよね。
 この会談はセレモニーでした。決まったのは朝鮮半島から核兵器をなくすようにみんなで心がけよう、としただけで、これ以上は具体的に決まっていないのです。

閑話及第--204

閑話及第--トランプ大統領でシンガポールの会談の後にCNNの記者が質問しましたね。悪の水軸を言っていた大統領が今になってからこれから好い関係が築けると思うのはおかしくないか。検証可能は不可逆的という文言がない完全な非核化に合意したのか、という質問でしたね。今回の会談の結果についての大統領の発表には検証可能で不可逆的な即刻廃止との文言が消えていたため記者が質問しました。大統領は言葉を濁して「そんなことを聞くな」という態度でした。
つまり、この件は棚上げしたのです。後日、どのようになっても完全な非核化の方向に向かおうという点で一致したことは確かですからね。その後、時間がないので、あとは次回に続くって言ってバイバイしたのですね。両者のメンツはアメリカでも北朝鮮でも保たれましたね。
二人とも帰国して説明がつくのです。トランプは中間選挙に向けての票の確保とノーベル賞をとれるかとかの話で済みますが、刈り上げ君は北朝鮮の軍部の反対はなかったのですかね。ここは気になりますね。そして最後に韓国と日本がこの劇場でのパフォーマンスの費用を後から請求されないように国力をつけないといけないですね。

閑話及第--203


閑話及第--北朝鮮のシタタカ外交に対抗するには思い切った対策しかないですね。彼らはアメリカとの難題がうまくゆくと見ると即刻「拉致問題はすでに解決された」「過去にわが民族に与えた前代未聞の罪をまず謝罪し、賠償すべきだ」と言ってきています。このような外交的宣伝攻勢をかけてくる対抗策としては次のようにならないでしょうか。
 「日本は朝鮮を占領して日本国に取り込もうとした。悪いこともした。しかし、国家として誘拐や殺人を指導したことはない。戦争は国家間の争いではあるが誘拐という犯罪とは異なる。日本は朝鮮人を誘拐したことはない。それが証拠に北朝鮮の誘拐犯罪は日本人のみに限らず多国籍に亘っているではないか。この悪行を日本が率先して正しているのである。前代未聞の罪を犯しているのは傀儡政権の延長に過ぎない北朝鮮ではないか。我々日本人は戦後の朝鮮半島には関心はない。朝鮮人がひとつになって朝鮮半島の平和に本気で乗り出して日本の悪
口を言わないのであれば国連や中国、アメリカ、ロシアを証人にして文書に署名してほしい。そして一度署名した協定書は破棄できないことも明記させてもらう。また、在日韓国人、朝鮮人は特別扱いしないで在留外国人として扱うこととするので、帰国するか他の外国人と同様の手続きをもって在留することとする。2年後のX月x日をもって在日外国人のの特別扱いは一切しない。」

閑話及第--202

閑話及第--米朝会談が行われますが日本が注目するのは一点だけですね。韓国から米軍が撤退するか否かです。撤退しないで日本の米軍基地を共存させておくことが日本の平和につながります。
北朝鮮と韓国の間はどのような関係になろうと日本が戦争に巻き込まれない漁夫の利をとろうと思うとここが肝心です。朝鮮半島の平和は朝鮮人が自由勝手に考えればよいことですが中国やロシヤが出てきて北朝鮮を守るのならアメリカは韓国の存在を保つようにしてもらった方が日本には有利です。
別な考えとしては、北を完全に抹殺しtロシアと中国とアメリカで国連軍を代表しての朝鮮戦争を終結させるべきです。北の政権が残るをアジアの平和にとって好いことは何もないです。
それは朝鮮戦争終結後65年あまりの間に北朝鮮政府が日本や他国に行った悪行、卑怯な無秩序、違法行為を見れば明らかです。だから、なくなってほしいのです。
まだまだ、このような状態が続くのなら日本は憲法を改正してアメリカの傘のもとで世界の合意をもらって核武装するべきだと思います。中国も55年前の東京オリンピックの最中に核実験をして核保有国になっていますよね。ロシアもお核保有国、刈り上げ君の国も核武装しています。今度は日本の番ですね。他国を攻めない崇高な精神国家の日本の憲法下で核武装する理由はひとつ平和のため、相手に攻撃させないためです。

閑話及第--201

閑話及第--いよいよ米朝会議が始まります。刈り上げ野郎にだまされないように
してほしいです。平成生まれに近い若造に振り回されるおじいちゃんトランプは
滑稽ですね。彼らを食わせる見返りのタイミングを間違えれば、同じ過ちを繰り返す
ことになりますからね。朝鮮人の困ったちゃんが世界を相手に包丁もって騒いでいるのと
同じですよね。板前が修業してもつ包丁とは別物ですよ。だいたい、自分の身体の保証を
多国に依頼する国家なんてありますかね。それを思案するアメリカもおかしいです。
今回は毒をもって毒を制す、の世界版です。どっちの毒も解毒剤を作りたくない人たちの
間で使われる毒だから困るのです。毒性の強い方を殺すしか解決法はありません、
テレビでは真剣かつ安全かつ楽しそうにゴキブリを殺しますよね。退治するという方がいい
のかもしれません。

閑話及第--200


閑話及第--日本の労働者人口は6600万にと言われています。人口は減ってくるとはいっても1億3千万人です。人口の半分弱いが就労しているのです。さらに、言うと就労者だけで見ると50人に1名は外国人になってきています。フルタイム、アルバイト、とにかく外国人が働いているのです。コンビニだけではないのですね。これは移民政策ですね。政府は期限付きの労働力の増加の機会で来日外国人にも日本人にも利得があるように言います。単純労働者を職種を決めて積極的に入れると言っていますよ。彼らは家族を連れてきます。大勢釣れ
てきます。彼らの生活を見るのは日本に暮らしている以上日本人が払う税金です。社会インフラも日本のインフラです。私たちにこうした異文化の人たちを生活の中で行けいれて共棲する力は心構えがありますかね。
池に放される外来種のブラックバスみたいなものでそのうちに食われてしますでしょうね。生態系が変わるのです、23世紀にはは日本は神の国ではなく中国の属国か香港みたいなごちゃごちゃの都市国家、よく言って明るい北朝鮮と祝えるシンガポールみたいになっているのではないかと思います。日本に住む外国人は在留と言っても移民でとなることを真剣に考えないとダメです。特に朝鮮、韓国と中国には要注意です。正規社員を増やして給与をあげれば外国人労働者は不要です。デフレの時代に給与を上げないと外国人の安い労働力に仕事をもって
いかれて日本人の雇用条件は悪化します。喜ぶのは日本人の金持ち経営者だけです

閑話及第--199

閑話及第-恨みの可視化とでもいつとどぎついですかね。日本はムラ社会で農業が中心の社会風俗のため大切な仕事は定期的に決まっていてそこをこなすことで社会を安全かつ安定的に平穏に保てたのです。私たちは近隣諸国の恨むを買うために過去にお付き合いしたわけではないのですが、そのように見られてしまいます。確かに戦争中のようにイケイケどんどんの時もありましたが、あれは本らにの姿ではありません。
敗戦でアメリカに屈服してからは卑屈になっていながら反省をしてきたのも確かですが、こうした日本人の反省の心情は近隣の外国には伝わっていないのだと思います。それは彼らが日本人の心情やマインドを理解できないマインドや心情を重んじるからです。戦後70年を超えてまで恨みをかったり精算ができないからと悪いことをされていうのでは
こうしたパワハラには断固として立ち向かうのが但しと思います。恨みの可視化もしていかないと近隣に日本の真意は伝わらない時代になっていると思います。世界からたかられたち、ノウハウだけを盗まれるのはもうやめたいですね。

閑話及第--198

閑話及第--党首討論が日本で始まって結構立ちますね、45分を野党の議員数で割り振る方式で時間は質問の正味時間のみて政府与党の回答の時間は別だたお聞いています。もともとイギリスのQuestion Time を日本式に取り入れたものです。各正当の基本政策に対する質疑の機会で、国民に考えk田、了見を知らしめるための機会ですね。
日本の国家では還暦ジジイの印象として好かったのは何とか党の玉木代表の2点に集約した質問だと思います。トランプ貿易とロシア北方領土政策を聞いていました。野党は国民の不満を代弁する文句を言う人たちの集団だと思っていましたが。変わってきました。そうです。変わってください。変えてください。
彼の質疑が終わってから安倍総理が近寄って握手をしていろいろと話ていました。議事録に残る発言はできない総理の難しいところですかね。

閑話及第-197

閑話及第--党首討論が日本で始まって結構立ちますね、45分を野党の議員数で割り振る方式で時間は質問の正味時間のみて政府与党の回答の時間は別だたお聞いています。もともとイギリスのQuestion Time を日本式に取り入れたものです。各正当の基本政策に対する質疑の機会で、国民に考えk田、了見を知らしめるための機会ですね。
日本の国家では還暦ジジイの印象として好かったのは何とか党の玉木代表の2点に集約した質問だと思います。トランプ貿易とロシア北方領土政策を聞いていました。野党は国民の不満を代弁する文句を言う人たちの集団だと思っていましたが。変わってきました。そうです。変わってください。変えてください。
彼の質疑が終わってから安倍総理が近寄って握手をしていろいろと話ていました。議事録に残る発言はできない総理の難しいところですかね。

閑話及第-196

閑話及第--よく考えてみると刈り上げ君の行動については別の見方もありました。アメリカが刈り上げ君をビビらせて結局会談中止にならなかったような捉え方もありますが、逆のとらえ方もありますね。
つまり、アメリカだけが反対していた事実を考えてみたのです。中国、ロシアとか6か国会議に参加する国々は会談に反対していなかったですね。アメリカだけが北朝鮮おふてくされ外交に反応したのですね。結果好かったとも言えますが。おもあくは異なりますね。中ロは北朝鮮がないと困るのです。韓国も属国化を強めたいのですね。中国のような資本主義活用型独裁国家を北朝鮮は目指すように仕向けたいのですからね。中国とアメリカの対立の構図で動いてきましたね。