FC2ブログ

閑話及第-670

閑話及第--イノーションを起こすには、ダイバーシティーと高学歴が必要です。高学歴というのは、ドクターやマスターといった学位を持っているということではなく、好きなことを徹底して勉強し続けるという意味です。アメリカの経営学の学会では、マネジメントが完全にサイエンスになっています。なぜそうなったのかというと、そもそも人間の頭をそのままにしておくと、ろくなモノができないからです。だから大学が必要で、経営者教育も必要で、株主がいて助言させる。社長の勝手な思い込みで好き勝手にさせないようになっているのです。たった1人の頭の中で、データもエビデンスもロジカルシンキングもなく精神論だけでやるどうなるか。歴史を振り返ると、大当たりする可能性もゼロではありませんが可能性は低いです。これが今の日本です。経営者の能力が低いことは人間として能力が低いわけではありません。                                                      人口増加によって、日本の経営者は一見すばらしく見えていました。しかし人口が減少するようになったために、その弱点が表面化してきたのだと思います。人口減少という危機に直面している以上、極めて高度な経営が求められて
います。しかし今の経営者は、自分たちが変わらないといけないということに気づいていないのです。      ほかの先進国ではすでにこのことに気がついています。人間の限界を理解しているのです。ビッグデータはその象徴的なものだと思いますが、とにかくデータで徹底的に分析することによって、勝手な思い込みをする人間の欠点を取り除く経営が進んでいるのは事実です。学問の世界でも同じです。戦後、70年以上経ってのんべんだらりと平和を満喫してきた日本人にとって論理的思考が返ってくるのでしょうか。もう時は既に遅いとも思います。

...
スポンサーサイト