FC2ブログ

閑話及第-692

閑話及第-ロシアと中国の複数の軍用機が日本の竹島周辺の上空に相次ぎ侵入しました。韓国軍はロシア機が「領空」を侵犯したとして360発の警告射撃をし、ロシア政府に再発防止を求めました。日本は領空侵犯したロシアと、日本の領空内で警告射撃をした韓国にそれぞれ抗議しました。抗議が弱いです。中日ロシア大使を外務省に呼んで高も外務大臣が抗議しないのですかね。平和条約が聞いてあきれると言うべきです。そして、竹島は日本の固有の領土であるため無がい航行でない限り日本の領空侵犯です。
これは明らかに、中ロが亀裂を深める日韓とその同盟国であるアメリカの反応を試した航行です。日米韓の安全保障協力へのけん制です。韓国の「弱体化が指摘される韓米同盟をテストし、韓米日の安保協力の溝を広げる意図がある」との指摘は正しいです。日本は周辺空域を軍事的な監視下に置く「防空識別圏」に設定していません。通常はこの地域では緊急発進などの対応はしていないのです。これが間違いですね。日本の対応は防衛省によると、中国軍の爆撃機が東シナ海から北上してきたため自衛隊機が緊急発進しました。この後、ロシア軍機が中国軍機に合流し、自衛隊機による緊急発進中にロシア軍の警戒管制機のみが竹島上空を飛行したという理解です。      さて、ロシアは中国と軍事協力を強化しており、日本海や地中海、バルト海などで共同で軍事演習を行っています。ロシア国防省は23日、中ロの空軍機が同日に初めてアジア太平洋地域で巡回飛行を行ったとの声明を発表しています。憲法を改正して平和ボケから日本が逃れるべきです。武力をもつと敵が攻めてくるという思想は間違いです。平和首位は戦争を招くのです。

スポンサーサイト