FC2ブログ

閑話及第-704

閑話及第--話によると日本郵政グループ職員の福利厚生の見直しが今回の不正契約事件に影響したと指摘する声があります。日本郵政グループは18年から転勤のない一般職員5000人の住居手当の削減を始めました。待遇悪化に嫌気がさした職員のSNS(交流サイト)を使った告発につながっている可能性があるとのことです。日本郵便は職員向けにSNSへの社内情報の書き込みを禁じる通達を出しました。通達はかんぽ生命の社長と日本郵便の社長が記者会見で不適切販売を謝罪した翌日でした。日本郵便は謝罪会見に関係なく準備していた通達と説明しましたが職員から「顧客対応の指示が先だろ」と怒りが噴出しそうです。加えて、かんぽ生命商品の営業を自粛するよう指示がでました。かんぽ生命も支持を出しましたね。両社がなぜ出すのですかね。子会社の力関係にあるのでしょう。収益はかんぽ生命が日本郵便を上回るのにもかかわらず、郵便局を抱える日本郵便の方が発言力は強いのです。この体質ですが問題ですね。                                                 日本郵便の経営陣には、強い政治力を持つ全国郵便局長会(全特)の会長や副会長経験者らがいます。この団体は自民党の有力支持団体で郵便局のさまざまな要望を政策に反映させて、郵便局長に大きな影響力を持ちます。こうした体質がダメです。ノルマは民間でもあります
よ。枕営業している生保ババアもいますからね。
スポンサーサイト



閑話及第-703

閑話及第--かんぽ生命保険が郵便局を通して販売した保険で、保険料の二重徴収など数多くの不適切な事例が見つかった件で世間が騒いでいます。顧客に不利益を与えた契約は18万件を超えています。客観的に観てこれは契約数全体の0.6%です。大半は被害を受けてはいないです。さて、結構な頻度で郵便局の職員が顧客の信頼を担保にして、強引に商品を売った例がありました。契約をたくさんとってくる「優秀成績者」が販売手法を教える研修会があるそうです。契約から2~3年で次の契約に乗り換えさせて件数を稼ぐ手法などを推奨していたのですね。局長は「グレーでもブラックでも数字を上げた人が正義ということになっている」と考えています。                                郵便局にはノルマ重視の風土があり、年賀状を自費で買い取るといった行動に走る職員もいます。2007年の郵政民営化で収益重視を求められ、売り上げを伸ばすためのノルマは改めて重視されています。関東のある局は民営化前より「保険契約のノルマが2倍になったと話しています。
郵政民営化は表面だけです。小泉政権は声高に叫んだものの株主として国が関与し、新規事業への参入などに制約が残るのです。加入限度額が残るなかで重いノルマを課したため、そのひずみが不適切な乗り換え契約の多発につながったのです。かんぽが始まってのは1916年です。保険の大衆化の始まりです。それまでの保険は富裕層向けの商品であり一般庶民が対象ではなかったのです。それを大衆に広げてコンパクトな内容でも付保できるようにしたのが簡保なのです。簡易保険ですからね。  大きくなりすぎたのです。簡保の保険料を投資して資産運用に廻して資産を増やすという考え方がもともと本来の趣旨とは異なるのです。そして、変らないのは顧客です。だから顧客につけがまわるのです。



閑話及第-702

閑話及第--在日韓国大使館のホームページを見ると竹島を独島と記載して韓国の領土そちていますね。日本はどうして韓国の日本大使館のホームページに竹島を臭いしないのですかね。韓国の国民感情に配慮したのですかね。ナンセンスですね。両方が正式に相手方を認めていないことを明確にしなければなりません。これは日本語、英語、朝鮮語できちんと記すべきです。外交的に政府の措置が成り立っていないことになります。韓国から日本への観光客が減るの増えるのと言いますが無駄な話です。友好も子供たちには気の毒ですが優先する必要ないです。                          これは両国政府の仕業であり両国の当事者には関係ない話です。関係ないということだけ同意して、早くお互いの政府で話がつくといいね、と同意をとっておけば十分有効な友好になります。こういう付き合いをするのが日韓にとって最適だと知るべきです。朝鮮の三国時代がありますが、百済、高句麗と新羅が勢力争いしてました。百済は新羅に滅ぼされて怖い新羅から日本にも逃れてきました。高句麗は新羅を滅ぼし唐と結んで日本に出兵しようと試みました、日本は防御して九州に攻め込まれると防衛体制を整えました来ませんでした、やってきたときの唐は日本に提案しました、「一緒居組んで高句麗をほろぼさない」こんな出来事があったのでしょうね。この後から在日朝鮮人はいたのかもしれません。つまり、百済人の移民です。日本人には彼らの血が混じってしまっているのですかね。