FC2ブログ

閑話及第-736

閑話及第-フィリッピンと中国の関係もつかず離れずなのです。フィリッピンの財閥は華僑です。そして、賭博好きな中国人華僑と本国の中国人は本土で禁止されている賭博を代理賭博企業の形でマニラで行っています。フィリピンで3年前に親中的なドゥテルテ大統領が就任すると、中国人向けに代理賭博(プロキシー・ベッティング)を提供する企業がオフショア拠点を求めてマニラ首都圏に相次いで進出してきました。            
さて、これはオンラインカジノと呼ばれれるものです。これはフィリピンでとりわけ急成長を遂げる経済分野の一つで、250億ドル(約2兆7000億円)規模の業務受託産業をしのぐ勢いです。ドゥテルテ氏による中国への政治的および経済的な肩入れがフィリピンに変化を与えました。                                     ドゥテルテ政権は3年前、オンラインカジノ業者の認可をフィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)に任せました。それから、オンラインカジノ業界が急速に発展しました。PAGCORによると現在は中国資本を中心とした56社が認可されているのです。フィリピンをオフショア拠点としてオンラインカジノ事業を展開する企業は「POGO」と呼ばれ、ていて中国籍の10万人以上に加えて、現地労働者を多数雇用しています。そして、マニラ首都圏の不動産価格を押し上げているのです。加えて、海外からの企業と労働者の流入は、租税回避や組織犯罪に対する懸念や、貴重な雇用が奪われることへの不安感を強めています。

スポンサーサイト



閑話及第-735

閑話及第-韓国の日本製品不買運動は扇動された人たちがやっているだけで、まちがっているという意見があります。「親日派」(韓国では『親日』という単語は日本の帝国主義を擁護するという意味)や「売国奴」と言われたり、周りからの批判はとても多いのですね。日本人は全く考えていません。植民地にしたとしても日本は教育を施し日本が好いと思って韓国に接していたのです。戦後も同じです。日本が歴史的に韓国を苦しめたという、韓国で常識とされている事実の中にウソがとても多いことを韓国以外に伝えるべきです。
韓国は日本と関係が悪くなると経済に大きく打撃が出るし、品質が優れている日本製品を使いたい気持ちはないのですよね。それより、40代以上の韓国人が熱狂する主題とは「反日」ですよね。政治的に利用されるかどうかはとにかくこれにこだわってほしいですね。つまり、キヤノン、ソニー、ジェットストリームのペンなど、日本の文房具やカメラ、電化製品の人気にアイテムは使ってはいけないのですよね。なぜならば、韓国人が使うと、生産側の企業や政府が儲かるシステムで、そのお金が、企業や政府が韓国に対して正しくない発言をしたり、行動をとりる資金源として日本に還元されるからですよね、日本が歴史的に韓国に対して賠償や謝罪をしなければいけないのに、それをしなかったことが原因ですよね。歴史と現在の状況を理解して不買運動が大切でうよね。徹底的に実施してほしいです。そんな韓国人に買ってもらわらなくて結構です。壊されるために作っていません。憎悪の対象にすることを目的に押し売りしていません。もう買わないでほしいです。

閑話及第-734

閑話及第-日本は敗戦後、19551年にアメリカなど48カ国とサンフランシスコ講和条約を結びました。大半の国と戦後処理を終えたのです。フィリピンなど一部の国には個別に決めた賠償額を支払いました。この条約で日本は朝鮮の独立を承認して、請求権などの問題は日韓の2国間で解決することになったのです。当時の佐藤栄作政権と韓国の朴正熙政権で日韓基本条約と日韓請求権協定を締結したのです。交渉では日本による植民地支配の位置づけが問題になりました。1919年の国際連盟規約や1928年の不戦条約の流れをくみ、いまの国際法では植民地支配や侵略戦争は違法です。しかし、1910年の日韓併合時は国際法には規定がなかったのです。                 
日本は当時の国際法「万国公法」を根拠に植民地化を有効と強調しました。韓国は「不法な支配」と訴えました。歩み寄るため1965年の日韓基本条約は植民地支配前の条約について「もはや無効」とだけ明記したのです。日本は「日韓併合条約は有効だったが日韓基本条約を結んだ時点で無効」、韓国は「日韓併合条約は締結時から無効」とそれぞれ国内で違うう説明ができる状況で問題は二国間で起きないとした大人の決着をしたのです。半世紀以上を経た今、これを根底から覆して韓国大法院は「植民地支配は不法」と判断を示しました。不法なので日本企業への請求権がある、という判決です。日本の主張と対立して、日韓で維持してきた国際法の枠組みも覆す内容になっているのです。
日本は韓国の政権は長期傀儡政権の繰り返しということですね。朴政権も今のタヌキ政権も無責任のその場の政権です。過去に国のトップがこんなに逮捕されたり自殺したりする国がありましたか。戦後75年余り経ってこの傀儡政権の悪い面が日本に着きつけられています。日本は改めて認識方法を替えて韓国と向き合う時代がきましたね。絶対に迎合してはいけません。甘やかしてはいけません。

閑話及第-733

閑話及第-日本は敗戦後、19551年にアメリカなど48カ国とサンフランシスコ講和条約を結びました。大半の国と戦後処理を終えたのです。フィリピンなど一部の国には個別に決めた賠償額を支払いました。この条約で日本は朝鮮の独立を承認して、請求権などの問題は日韓の2国間で解決することになったのです。当時の佐藤栄作政権と韓国の朴正熙政権で日韓基本条約と日韓請求権協定を締結したのです。交渉では日本による植民地支配の位置づけが問題になりました。1919年の国際連盟規約や1928年の不戦条約の流れをくみ、いまの国際法では植民地支配や侵略戦争は違法です。しかし、1910年の日韓併合時は国際法には規定がなかったのです。                 
日本は当時の国際法「万国公法」を根拠に植民地化を有効と強調しました。韓国は「不法な支配」と訴えました。歩み寄るため1965年の日韓基本条約は植民地支配前の条約について「もはや無効」とだけ明記したのです。日本は「日韓併合条約は有効だったが日韓基本条約を結んだ時点で無効」、韓国は「日韓併合条約は締結時から無効」とそれぞれ国内で違うう説明ができる状況で問題は二国間で起きないとした大人の決着をしたのです。半世紀以上を経た今、これを根底から覆して韓国大法院は「植民地支配は不法」と判断を示しました。不法なので日本企業への請求権がある、という判決です。日本の主張と対立して、日韓で維持してきた国際法の枠組みも覆す内容になっているのです。
日本は韓国の政権は長期傀儡政権の繰り返しということですね。朴政権も今のタヌキ政権も無責任のその場の政権です。過去に国のトップがこんなに逮捕されたり自殺したりする国がありましたか。戦後75年余り経ってこの傀儡政権の悪い面が日本に着きつけられています。日本は改めて認識方法を替えて韓国と向き合う時代がきましたね。絶対に迎合してはいけません。甘やかしてはいけません。

閑話及第-732

閑話及第--日韓関係の悪化が日本経済に影を落とし始めたと報道されています。日本政府観光局が発表した7月の訪日外国人客数は、韓国からの旅行者が前年同月比7.6%減の56万人だった。今年2番目の落ち込み幅だそうです。団体旅行のキャンセルが相次いだためだそうです。訪日客数全体は299万人となっていて5%以上増えています。10カ月連続です。北海道や沖縄や山陰地方といった限られた地域では韓国からの観光客が多いため損害は大きいですが、そもそもが外国人観光客を当てにしてビジネスしていること自体が問題です。内需の伸びを基本にして日本人がどのように経済を支えていくかが根本のテーマです。韓国人の小銭を当てにしているようでは商売になりません。   
来日観光客数を増やすことを目標にした政策をやりすぎるのは観光公害のみならず、社会の構造が変わることを懸念するべきです。何でも往来していれば交流していると考えれのは安易な理解ですね。特に小中学校や高校の生徒の交換訪問も問題があると思います。なぜなら、それぞれの児童や生徒が受けている教育の根幹の思想が異なっているからです。この違いを理解できないままの子供たちが往来するのは如何かなものかと思います。違う考え方をもつ人が世の中にはいることを体験できていれば好いのえすが、そうではなさそうですしね。

閑話及第-731

閑話及第--韓国のSNS上では「#BOYCOTTJAPAN」「#NOJAPAN」のハッシュタグで日本製品の不買運動を呼びかける声がいき盛んです。10代・20代の若者が中心です。韓国は日本に良いイメージをもつ教育を施していません。そして、「韓国人なら不買運動をしなくちゃいけない」という意識が全体的にあります。これがトレンドです。凄いのは日本製品かどうかを区別できるサイトがあって、それを参考にどれが日本製品なのかを調べています。言い換えるとそれだけ日本製品が普及しているのです。これはおかしいですよね。
教育効果が出ていないのですね。できる限り、文房具や食品、衣類などすべての日本製品を購入しないのなら、徹底してほしいです。友達と買い物をしているときにも「それ日本製品じゃない?なんで買うの?」という会話をいなくても買えないようにするのが大人ですよね。韓国人のとんでもない曲解は日本政府の韓国に対する態度です。例えば安倍総理の大日本帝国領朝鮮時代に対する発言や竹島問題に対しての悪いイメージです。日本はここまで韓国のこと考えていません。報復もしていません。これから報復するのですから。  
日本製の文房具を使っていた人が、韓国製のペンに買い替えたそうです。最初から韓国製を使ってください。子供に使わせてください。それが本来です。子もいた。日本製を使っていると売国奴と言われますよ日本からも韓国に不売運動をしましょう。