FC2ブログ

閑話及第-752

閑話及第--ニューヨーク・タイムズに現在の日韓対立についての記事があります。内容は日韓両国の今の対立が日本の朝鮮半島統治時代の虐待や謝罪をすませていないことが原因であると書いてあって、韓国側の日韓条約無視の賠償請求という文タヌキの無法な行動にはほとんど触れていません。安倍首相についても「保守的なナショナリストとして攻勢的な軍事政策を推進している」とか「安倍首相の率いる自民党は慰安婦が強制連行されなかったというような主張を広げて、日本側の民族主義的な感情をあおった」などと書おています。日本に日韓対立の責任があるかのように論じています。そして、ポイントは韓国の主張がアメリカでは浸透してい日本の主張がが全く伝わっていない現実を直視することです。                                               
ドイツでも日韓対立は報じられています。因みにドイツは韓国をホワイト国には入れていなせん。それでも、他の国同様、韓国の主張をそのまま流し、日本が悪者にされている論調が主流です。強い日本が弱い韓国に対して理不尽なことをしている印象です。
また、日本の主張には全然触れないで、「日本は、この決定は安全保障上の懸念によるものだと言っている」でおしまいです。
スポンサーサイト