FC2ブログ

閑話及第-753

閑話及第--日韓問題に対しての日本政府の対応には、2つの問題がありました。1つは、「徴用工問題」の報復として「輸出管理強化」をしたことです。この2つは全然関係ない話であり国際社会では理解されないのです。                   
2つ目は、日本政府の説明が簡略すぎて親切でなく的を射てないため、韓国の主張が取り上げられてしまった問題です。韓国が日韓基本条約を破ったことについて以説明するべきです。                                   つまり、日本は韓国に対して対応したことは、無償3億ドル、有償2億ドル、さらに民間借款3億ドルという破格の経済協力を実施したこと、また、両国の請求権に関する問題も完全かつ最終的に解決されて、国交正常化が実現したこと、この説明を全くしないのは何故でしょうか。世界の人々には、「日韓基本条約」を全く知らないので、日本は毎回、丁寧に解説しなければいけません。それをしないため、韓国の主張だけが書かれることになってしまいます。これから説明するべきです。それも日本の報復です。74年も黙っていたのですから、もう、これからは換えるべきです。
スポンサーサイト