FC2ブログ

閑話及第-765

閑話及第--北朝鮮の朝鮮中央通信は7月6日、20代のオーストラリア人留学生をスパイ行為の疑いで拘束し解放した事実を初めて報じました。北朝鮮当局は6月25日に「反朝鮮謀略宣伝行為」を働いたとして彼を拘束しました。本人が容疑を認め謝罪したこと伝えた内容によると、シグリーさんは平壌市内を歩き回って撮影した写真や収集した資料を、北朝鮮専門のニュースサイト「NKニュース」などのメディアに提供したとされています。彼は中国経由で日本に到着しました。オーストラリアのメディアによると、妻は日本人で昨年から平壌の金日成総合大学で朝鮮文学を学んでいたとのことです。 平壌に大使館を持たないオーストラリアの領事業務を肩代わりしているのはスウェーデン政府です。彼の解放を働きかけてくれたのです。朝鮮中央通信によると、スウェーデン政府のハシュテッド特使が1日に平壌入りし、北朝鮮外相らと会談したのです。こうした話はよく聞きますね。結構、北朝鮮に在留している白人は多いのです。日本では残念ながら朝鮮文学や朝鮮独自の学習はなかなかせんもんてきにできないのでしょうかね。彼らはどのようにして北朝鮮に惹かれて入ってゆくのでしょうか。ソウルではいけないのですかね。この判断の差は何でしょうかね、主体思想を学んでないだけよかったと思うべきですかね。
スポンサーサイト