FC2ブログ

閑話及第-766

閑話及第-フィリッピンでの中国人による賭博産業はオンラインカジノによりPOGO現象でフィリピン経済に収入と仕事がもたらされています。しかし、売春、フィリピン人と中国人の対立フィリピン政府はオンラインカジノ業界の租税回避取り締まりを目的とした新たな作業部会を立ち上げました。内国歳入庁(BIR)内に置かれた作業部会では「まず外国人労働者に狙いを定める」と説明さ
れ、「正しく税金を払ってもらいたい」と本音を言いました。オンラインカジノ業は国益に直結するビジネスです。フィリピン経済に好影響を及ぼします。この業界で働く中国人は10万人を超えていて、毎月の所得税収ではおよそ20億ペソ(約41億円)に相当します。歳入庁は「抜き打ち検査を実施し、果たすべき義務を企業に書面で通知し続けたいのです。                     ところが、、フィリピンはオンラインカジノ会社にとってオフショア登録地にすぎないため、事業から生じる利益への課税がしにくいのです。また、フィリピンでは、就労資格のない中国人が働いていると考えられています。フィリピンを訪れる中国人旅行者の数が18%増加して、130万人に達しているのにもかかわらずです。おそろしい、ゴキブリの大量発生のような中国人のカジノ上陸がフィリッピンに起きています。

スポンサーサイト