FC2ブログ

閑話及第-802

閑話及第-消費税率が10%に上がっていましました。増税により、高齢化で増える社会保障の費用を社会全体で負担する改革が一歩前進します。ただ米中摩擦で世界経済が変調してきた局面での年4.6兆円の国民負担の増加は、緩やかな回復を続けてきた日本経済の地力が試される試練となります。老後や子育てへの国民の不安を払拭する制度改革も道半ばです。
さて、ここまでの説明を信じますか?日経新聞にありました。高齢化で増える社会保障の費用を社会全体で負担する改革が一歩前進、とありますが5年前の増税時も同じ話でした。5年経って改革が前進しましたか?それがどうして今回は前進するのですか?年4.6兆円の国民負担の増加は、緩やかな回復を続けてきた日本経済、とありますが緩やかに回復なんてしてませんよ。地力が試される試練とありますが、これから明らかに緩やかに景気は悪化するでしょう。金融緩和をしないで引き締めと同じ増税をするとポイント還元などという楽天みたいなことしても増税分の気休めジェスチャーにすぎません。財務省の収支が合うように予算を組めば絶対に歳入は追いつかないのは明らかでしょう。消費税は貧乏人からお金を集めて金持ちがピンハネしてべ別の貧乏人に配る制度です。消費税を福祉の財源に廻して経済が発展するなんて考えられないです。
スポンサーサイト