FC2ブログ

閑話及第-56

閑話及第--パラオは南太平洋に浮かぶ島国です。戦時中は二歩が占領して統治していました。日本人町があって住民もいて神社があり戦死者を多く出しました。それでも、日本人と現地人は日本式を押し付けたもののその価値観を共有することができた方ですね。ご年配の方々には今だに日本語の歌を覚えていたり、今だに日本語起源の言葉が日常で使われています。下着は「サルマタ」と言い、ビールは「ツカレナオース」,映画は「カツドウ」という具合です。日本の統治で日本式の教育や生活様式を共用された面もあるものの、これらが貢献した面もあるのです。人口は2万人ほどサンゴ礁の美しい島国ですが、観光客は年間15万人訪れます。観光客の最大勢力は中国人、次いで日本、台湾と続きます。問題になるのは環境破壊です。海にゴミを捨てたり、保護生物を捕獲したり、珊瑚に触れて傷つける行為が増えているのです。天皇陛下も慰霊に訪れてこの島を今度は日本人の手で守ろうではないですか。ちなみに日本の国旗は日章旗、パラオの国旗はこれをまねた月章旗です。南の海をイメージするきれいな国旗です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント