FC2ブログ

閑話及第-61

閑話及第--南シナ海の中国の油田がらみの人工島開発について日本がおとなしく黙っている間にとうとう中国は本音をはきましたね。これが軍事拠点であると。つまり、太平洋の防衛上の理由でここに軍隊を駐留させて侵略から中国を守るという理屈です。何をわけのわからぬ屁理屈を言っているのかと思います。結局、あの莫大あ人口を食わせるたけの資源を外から略奪してくるのではないですか。近くから少しづつ領土を広げて太古の昔からここには中華の伝統を中華の古墳と中華の土器等があった、したがって中華民族の居住地であった証拠である から古来から中国の領土である、という理屈です。戦後日本人は敗戦を機にしてこの論理でさんざん嫌な目にあってきました。これは許せない事実ですね。こんふぉは海洋国家とか言って海の利権を主張してきました。かららの論理はめちゃくちゃです。中国が南シナ海に軍事拠点を築くことを正当化しているのですから、日本もきちんとこの暴挙に対抗すると国際社会に表明して軍事力を強化して防衛力を高めることです。日米同盟はアジアのために必要です。この同盟ほど堅固なものはないので中国とのバランスを保っていけるのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント