FC2ブログ

閑話及第-64

閑話及第--人出不足なのに賃金があがらない。景気は回復しているはずなのにおかしいですね。企業の態度はこれからの不安定な景気に対して委縮しているのです。だから投資を控え正社員の賃金は簡単にあげないのです。一度上げると下げるのか困難ですから。一方でパートや非正規雇用の賃金は上がり傾向にあります。高齢者と女性パートです。さらに言うと一億総参加社会とは正社員賃金を下げ、終身雇用でない高齢者と女性を期間限定で働かせて切れる状態で戦力にするのです。言い換えると正社員の賃金を上げられない環境を作る節約対策を助長する政策なのです。加えて、外国人労働者は70万人が100万人に増えています。彼らの賃金は日本人より低いです。低くても働くからです。これは危険ですね。労働分配率の向上とは企業が賃金に使うコストの指標のアップです。このことが生産性の向上となり利益を上げる原動力となりコストがさらに下がるのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント