FC2ブログ

閑話及第-598

閑話及第--韓国で日本の天皇を表す言葉は「日王」です。天皇という表現を誰かが使いでもしたなら、すぐに批判が起きます。これは韓国人が勝手につけた呼称です。日本人が侮辱されたような気持ちになるのは当然です。韓国政府とメディアが天皇と宣言すれば、それだけで、日本内の韓国に対するイメージははるかに良くなるでしょうね。                           日本人の中には、韓国は日本の統治を受けた「過去」があるため、自尊心を傷つけられた韓国人が「天皇」という文字を見るだけで反感を抱いてしまう考えが誤解です。韓国は戦後も「天皇」という表現を数十年間使ってきたし、それはごく当たり前の表現として受け入れられていたのです。数十年も経ったある日、唐突に発生した「天皇アレルギー」がありました。それは何かというと、1989年1月の昭和天皇の死です。昭和天皇危篤のニュースが伝わった時期に姿を見せ始め、崩御の一報とともに急激に増え、それがメジャーな呼び名になってしまったのです。そして30年が経った今では「日王」が完全に定着し、「天皇」は禁
句扱いに代わってしまいました。これは韓国の悪しき世代交代でしょうね。                    昭和という時代の幕が下りたとたん韓国が態度を変えました。誰かの訴えでもなく、誰かが決めた方針でもなく自然な流れです。「世代交代」と関係があったのです。この時、各メディアで主戦力といえるクラスは30~40代の「戦後生まれ」の人たちで、彼らにとって天皇はただ新聞とニュースでしか接したことがない存在だったのですね。日本統治時代に、小学生もしくは中学生だった人たちの頭の中に残っている「天皇」の存在感とは雲泥の差があったのです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント