FC2ブログ

閑話及第-610

閑話休題‐北朝鮮の経済の近代化は100年以上遅れているため時間が掛かるでしょうね。中国は、北朝鮮にこの点で改革を求めていました。社会資主義でのし上がったからですね。中国共産党は経済を開放しつつ力を維持てきましたからです。それでも、故金正日総書記も、後継の息子も追随を拒否していたのです。                                       ここへきて、北朝鮮は、内部が不安定化するのを恐れています。中国や韓国からの情報流入が絶えない中、北朝鮮当局は1990年代後半に飢饉(ききん)に見舞われて以降、市場を事実上認めるようになりました。市場からの賄賂で私腹を肥やす政府関係者は、経済開放による変化を嫌がるかもしれない状況です。闇の経済中心の市場なのです。これの意味するところは、北朝鮮の人々の大半が実際、市場がどのように機能するかを知らないという事実です。北朝鮮の人から、金正恩氏がスキー場を建設したのに、観光客がほとんど来なかったことに衝撃を受けたと言っているようですし、金正恩氏が経済特区づくりの号令をかけたのに、なぜ投資家が押し寄せないのかと不思議がる人もいたことからもこの無知さがわかります。            
つまり、北朝鮮は、実際の投資ルールや商法、企業間の紛争仲介などとは無縁なのです。ビジネスを居パンの人は理解できない社会なのです。対外債務の返済にも応じようとせず、例えば1970年代に輸入したボルボ車の代金をスウェーデン側に支払っていません。中国を含む外国人投資家は、北朝鮮側の恣意的な行動により、投資で損失を出しているのです。              当然のこととして、こうした状況ですから、北朝鮮に投資しようという人はいません。アメリカの交渉担当者は北朝鮮側へ、国際通貨基金(IMF)や世界銀行、世界貿易機関(WTO)との対話を提案したそうです。しかし北朝鮮が加盟するには、いままで国家機密とみなされてきた財政の中身を公開する必要があるためしないでしょうね。闇社会の市場に日本が経済絵所するなどもっての他です。   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント