FC2ブログ

閑話及第-623

閑話及第?一般国民にはわかりにくい「上級国民」ということばが世間をに琵琶しています。若い母子をひき殺してしまった老人が逮捕されないのは上級国民だったからとして言われています。政治家や事業家、専門職から官僚、皇族に至る知的な仕事を行う人たちの呼称とされています。芸能人も入るかもしれません。彼らは社会的に優遇されている人たちであり、それなりに社会への貢献度が高い人、高かった人たちと言われています、叙勲を受けた人もそう、新宿御苑の園遊会に呼ばれる人、また、グリーン車にいつも乗っている人たち、英語でいうジェットセットに当たる人たちです。よく考えてみると彼らが罪を犯した時に待遇が一般国民と異なるのであれば、もう一つの上級国民もどきが日本にはいます。それは在日アメリカ軍です。アメリカ兵は日米地位協定により日本の法律下での制約を受けません。これは怖いですね。彼らこそが実は上級国民扱いではないでしょうかね。敗戦がもらたした彼ら尾利得はそう簡単になくなることはないです。そして、景気が悪いと貧乏人は何気なくも簡単にお金を使える裕福な人たちに子劣等感を超えた感情をもち、その生活程度の差異を強く感じるのです。
その結果で人が死のうものなら、何十倍も償わせようとする気持ちが働きます。そして、これから上級国民に在留外国人が加わってくることです。日本でビジネスを成功させた中国人なとが合法的に日本に住んでも、彼らを排斥する行為はエスカレートすると思います。まだ、50年以上先の世代が体験することと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント