FC2ブログ

閑話及第-673

閑話及第-韓国の外相は10日、ポンペオ米国務長官と電話協議して、日本による輸出規制の強化を巡る懸念を伝えました。「韓国企業に被害をもたらすだけでなくグローバルな供給体制を混乱させ、アメリカ企業や世界の貿易秩序にも否定的な影響を及ぼしうる」と述べたそうです。さらに、「韓日の友好協力関係、韓米日3カ国の協力側面でも望ましくない」と主張しました。日本に撤回を求める考えを示し「これ以上の状況悪化を望んでおらず、対話を通じた外交的解決のため努力していく」と説明しました。ポンペオ氏はこれに理解を示したという話です。 一方で韓国メディアには、ホワイトハウスを訪れて外相が日本の輸出規制を巡って協議する意向であることを明らかにしました。日本は独立国家ではありますが、外交をしなくてよいのですかね。アメリカには韓国のやんちゃかつ子供じみたわがまま放題の日本への振る舞いを相談するべきなのです。日本のメンツを考える必要などないですからね。日本による輸出条件の変更に韓国の政権が打開策を示せずにいることを示したいます、。タヌキ大統領は大手財閥のトップを緊急招集し「官民緊急体制」
の構築を呼びかけました。国際世論を味方につけようとも腐心しても、いずれの対応も決め手を欠いていて、早くも手詰まり感が強まっているのが現状です。事態が長期化する可能性は捨てきれないため、打開策を講じたいのですが困難でしょうね。目下のところ、日本以外からの輸入拡大や技術導入を政府が支援すること。中長期では日本に頼る部品・素材・機器の国産化比率を高めるとしています。一朝一夕には難しいでしょうね。現実に集まった韓国の半導体企業のトップの内心は冷ややかです。ある大手財閥幹部は「政府が話し合うべきは我々ではなく日本政府だ」と憤っています。サムスン電子の副会長、ロッテの会長は日本出張のため欠席していたそうです。このバラバラ感がたまらないです

...
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント