FC2ブログ

閑話及第-675

閑話及第-韓国政府と財界は、日本側の半導体必須材料の輸出の優遇措置解除の強攻策にパニック状態です。表面的には依然強気な態度を崩さずにいますが、政府が緊急会議を開き対策を模索する一方で、半導体の世界トップシェアを誇るサムスンの副会長は日本の財界人らと会うため急遽訪日を決めるなど、対応に追われています。これは、抜け道を探しにきているのです。ある大阪の企業とかに輸出してもらえないかとの意向をつたて材料の確保に奔走しています。                        今回の措置を韓国は徴用工裁判の事実上の報復的措置とみています。韓国内の反応は大きく二つです。一つは、韓国政府の対日外交の未熟さを叱咤する声、もう一つは日本側の措置を韓国に対する嫌がらせ、イジメだと認識し、日本を悪者として批判する動きです。        後者の例としては日本のテレビ、新聞にも紹介され話題となった「日本製品不買運動」を挙げられる。日本大使館前に集まった商人、自営業者たちが声を荒らげながら日本の企業名が書かれた箱を踏みにじりながら日本製品不買を訴えるシーンは、日本の視聴者にも強い印象を与えましたこの「日本製品不買運動」の歴史は長いのです。100年ほど前、1920年代から日本製品を買わずに、我々が作った製品を買おうという運動がありました。当時行われたのは、朝鮮の製品、即ち国産品の生産を奨励するとともに外国(日本)製品を排斥しようという運動でした。その後も1965年の日韓会談を皮切りに独島(竹島)問題、歴史教科書問題、慰安婦問題、日本の政治家の失言騒動などが起こる度に、性懲りもなく日本製品不買運動が繰り返されています。こうした運動が「繰り返し」行われているのを考えると「効果が無かった」、あるいは「続かなかった」ということを意味しています。つまり、日本政府へのプレッシャー」を掛けるのが目的なのです。朝鮮人の常套手段です。怒りの矛先の向け方が朝鮮人ですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント