FC2ブログ

閑話及第-695

閑話及第-「中国はアメリカから農産品を買うと言ったのに買っていない、我々をがっかりさせている」とツイッターで不満を表したのはトランプ大統領です。彼は6月29日の首脳会談で中国が農産品を大量に輸入することで合意したと主張していましたが、中国側は正式に認めていないのです。いつもの中国とのすれ違いが出ています。トランプは米中首脳会談後の記者会見で「中国がとてつもない量の農産品を買う。ほぼ即座に始める」と主張していました。農産品の購入が始まらなければ、トランプが不満を募らせて再び強硬姿勢に傾く可能性がありますね。これは中国の常套手段です。彼らはいつもこの類の誤解を招く機会を創造します。アメリカはこれに気が付いて云っているのか気が付かないふりをして云っているのかはわかりません。トランプも結構パフォーマーですから。       トランプは「メキシコは国境ですばらしいこと(不法移民対策)をしている」と比べた上で、中国へのいら立ちを表した。「すぐに買い始めることを期待している!」と述べ、早期に輸入を増やすよう圧力をかけました。
アメリカ政権は、ほぼすべての中国製品に制裁関税の対象を広げる「第4弾」を先送りしたり、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する制裁を緩和したりする条件として、中国による米農産品の大量購入を挙げている。この問題は今後の協議で火種となりそうですが、中国に明確な結果、いいかげんあごまかしや言い訳をさせないアクションには拍手喝采したいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント