FC2ブログ

閑話及第-696

閑話及第--トランプ大統領は世界貿易機関(WTO)で中国が「発展途上国」と申告して優遇措置を受けるのは不公正だとして、ルール見直しをWTOに働きかけるよう米通商代表部(USTR)に指示しました。
90日以内に進展がなければ、自主的に途上国扱いをやめると圧力をかけました。30日からの米中貿易協議でも議題になる可能性がありましす。ツイッターでも「WTOは壊れている。世界で最も豊かな国々がWTOルールを回避して特別扱いを受けるために発展途上国と申告している」と不満を表明しました。
WTOルールでは、加盟国が発展途上国かどうかを自己申告する。途上国であれば貿易自由化などの義務が免除されるなどの優遇措置があるのです。
アメリカは2月のWTO一般理事会で、途上国を「卒業」する条件を決めるルール見直しを提案しています。経済協力開発機構(OECD)加盟国や20カ国・地域首脳会議(G20サミット)参加国などの4つの条件を示しました。中国は反発しており、全会一致が必要なWTOで見直しのメドは立っていません。これは第二次世界大戦終了後から中国政策を西側諸国が誤った結果です。弱い中国を甘やかした結果です。社会主義毒独裁国家がまさか資本主義をあそこまで貪欲に都合よく利用するとは思っていませんでした。市民社会の発展が庶民の所得増加と社会の発展と比例して起こると考えたのは間違えだったのです。
世界第二位の国民総生産の国家が発展途上国と宣言して通用するほど世界をバカにすることはないです。特に、本当の発展途上で努力している国に対して侮辱でもあります。一帯一路を持ち上げているのなら大国らしくインチキしないで堂々と責任を果たしてほしいです。世界はそれほどバカではありません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント