FC2ブログ

閑話及第-698

閑話及第--テレワークとかよくわからないカタカナが最近使われています。要するに自宅勤務とか会社ではない場所での勤務のことです。健常者もそうですが、行政機関は率先してこの自宅勤務を推奨して企業に取り入れるように推進するのであれば障がい者雇用の充実へと様々な取り組みを進めてほしいです。障がいを持つ就労希望者の間で、最適な勤務形態が在宅勤務でしょう。システム開発や事務代行を主力業務とする会社は障がい者の受け入れを拡充していけば戦力になるのです。     障がい者が働くには、起床、身支度、通勤などの行動が自分でできる必要がありますしかし、心身に生活のしづらさを抱えた人の場合、「出勤してみんなで一緒に仕事すること」だけが共に働く形でしょうか。定時出勤の必要がありますか。こういう障がい者を職場への受け入れはできないのでしょうか。                   政府は「働き方改革実行計画」で「在宅就業の促進」をうたっているのですが、発達した情報技術を活用することで多くの組織で在宅勤務は可能でしょう。業務関連の細はな相談は、情報機器を活用すれば、表情や声の調子を含めて、「机を並べている状態」とほぼ同じく行えるでしょう。作業効率、アウトプットの品質なども、在宅でも丁寧に管理できるのです。                 はっきり言うと、精神障がいを持つ人は「職場では周囲の環境が気になり、効率が上がらなかったが、在宅では純粋に業務に集中できている」と話しています。身体に障がいのある社員からも「ストレスフルな通勤から解放され、体力を温存して始業できる」と聞きました。情報機器類を使えば、パソコンの画面越しとはいえ、間近に表情を確認できる。本社社員と在宅社員の親近感は以前よりも増します。在宅勤務は障がい者を様々なストレスから解放して、業務に集中できる環境をつくりやすいもです。雇用する側が支援体制を築いて、共に働ける社会を実現していきたいものです。健常者で引きこもりをして働かない人より健全ですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント