FC2ブログ

閑話及第-764

閑話及第--カンボジア、南西部の港町シアヌークビル北側のダラサコル経済特区では。中国企業がカンボジアの海岸線の2割もの土地を99年契約で借り上げたのです。さすがにこうした動きにアメリカがカンボジアに忠告しています。懸念を表明する書簡をフン・セン首相に送ったのでした。中国の一党独裁の怖さ、決断の怖さ、金の強さを感じます。アメリカのような民主国家は航行の自由作戦を他国の領土内でとることはできません。軍事同盟をするか、安全保障の同盟関係になりしかないのです。
資金が入ってくるのみならず中国は人も、ソフトもノウハウもパッケージできます。これは社会ができることを意味します。経済に強い影響を与える社会ができてしまうと発展途上国は逃げられないのです。ここが中国の本当の恐ろしさと金持ち独裁国家の悪行なのです。日本もやられていますよ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント