FC2ブログ

閑話及第-799

閑話及第-韓国では保守政権と「体制競争」を繰り広げた北朝鮮には、同じ民族という同朋意識とともに、「敵の敵は味方」という論理で親近感を持つのです。したがって、タヌキ政権は南北融和政策に傾くのです。この単純な思考は対日外交でも同じです タヌキ政権が反日というのは不正確です。無関心なだけですね。すべて内政中心で廻しているため対日外交はその内政の結果にすぎない程度で収めているのが韓国人の今のかじ取りです。よく思い出してみるとタヌキ政権は発足時、日本との積極的な対話を目指しました。安倍首相はタヌキと会談した後、周囲に「朴槿恵氏よりも親近感が持てる指導者だ」と語ったのですよね。それは、朴前政権が慰安婦問題で日韓関係をこじらせた経緯があるからでした。
閑話及第-当初、対話路線を推進した韓国タヌキ政権は、安倍首相が日朝首脳会談を模索していることを知ると、側近の徐薫国家情報員長がカウンターパートの北村滋内閣情報官に、朝鮮労働党統一戦線部の金聖恵統一戦略室長を紹介しました。ね。  ところが、日本が米韓合同軍事演習の中断に懸念を示して、北朝鮮に対する制裁堅持を訴えると、タヌキ政権は不快感を募らせ、日本との信頼関係が薄れていったのですよね。                                               タヌキは日韓関係がここまで険悪化して支持率が維持できる状況では、さらに今まで通り、「内政次第fr外交」を展開するでしょうね。そして、支持率が下がり始めたら、逆にさらに「外交を犠牲にした内政」が強まるでしょう。支持率低下と日本たたきは比例します。キーワードは愛国心と南北統一です。これを訴えて国民や支持者の結集を図るやり方に出ますよ。せこいですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント