FC2ブログ

閑話及第-824

閑話及第--40代の日本人男性が9月から中国当局に拘束されているようです。彼は北海道大で教授を務め、外務省や防衛省防衛研究所に勤務歴があるそうです。スパイ防止法がない日本では対処できない問題ですね。スパイの共通認識が日本社会に根付いてないからです。あるのはアメリカ映画の007みたいな世界だけです。
日本から中国へスパイに入っていいことがありますかね。誰も得しません。日本では諜報活動の評価が低いからです。諜報学の大学院レベルの研究などありえないのが日本です。言い換えると情報処理能力と事実としての情報から戦略を立てて切り返すことができない民族だからです。こうした国体ですから外国のスパ尾がたくさん日本人に成りすませて日本で活動していることです。
中国、朝鮮なんてそこらじゅうに居るでしょう。日本のスパイが活動する場所として必要なのは、実は外国ではなく外国化した日本国内ではないでしょうか。外国人との友好も結構ですが、立ち入りさせてはいけないラインがあります。外国人だから入れてはいけない、見せてはいけない部分があることを堂々と彼らに言える社会にしたいものです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント